タミヤのAMX-13を半日で作ったので見てほしいっていう話
_DSC5671


お盆休み最終日は昼過ぎまでぐうたら寝て、タミヤの戦車模型を一気に作ることにしました。
作ったのはタミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.349 フランス 軽戦車 AMX-13です。

発売は今年4月。不勉強ながらこんなカタチの戦車が存在することも知りませんでしたが、いやはやカッコいい。
パッケージデザインも箱の大きさも、書体のチョイスも完璧なのがやっぱりタミヤって感じです。しょうがない。オレたちタミヤの子だもの。

例によって例のごとく、パーツです。


_DSC5654


_DSC5662

_DSC5666

_DSC5668

サイズの割にパーツ数が多く、ただ貼っていくだけでも結構骨が折れます。
「タミヤらしさ」の正体についてはときどき考えますが、やっぱり精度やランナーへのパーツの配置の美しさは孤高の存在と言っていいでしょう。
砲塔のキャンバスカバーの留め金なんて、グネグネとした帯のようなパーツなんですが、複雑な曲面に彫られた溝に吸い付くようにピタリと合います。
これはもう、設計だけではなくて、金型を彫ったり射出成形するところでも恐ろしい配慮がなされていることを示しています。

塗装はガンダムカラーのザク用グリーンをベースにけっこう明るめに調色して、影色を予め吹いた上から基本塗装。
GSIクレオスのウェザリングカラーを使ってフィルタリングやピンウォッシュを施し、さらにスポンジを使ったチッピングを加えます。
最後にタミヤのウェザリングマスターを使ってドライブラシっぽくディテールを浮き立たせてツヤ消しクリアーでフィニッシュ。
およそ7時間程度の作業でここまで来ましたが、なかなか表情豊かな「小粒でもぴりりと辛い軽戦車」という風情に仕上がったと思います。


_DSC5672


足周りの泥汚れには最近発売されたばかりのGSIクレオス ウェザリングペーストシリーズを使いました。
乾いた泥、湿った泥、付着したばかりで濡れたままの泥を思いのままにコントロールでき、立体感もあって極めて使いやすく、表現力もバッチリですので即買いです。
b0029315_14294549.jpeg
▲こちらは今回作った奴の裏側。泥ハネの再現が楽しいぞ〜!

ということでズバーッと作るタミヤの戦車、久々の快感を覚えました。ちょっと陸モノを連続して作りたいんですが、次は何にしよう……。









# by kala-pattar | 2016-08-18 00:08 |  →SPRUE CRAZY | Trackback | Comments(2)

宇宙に行くのはロマンか、科学か、という問いに答える最高の本を紹介します。
b0029315_22591196.jpg
大傑作なので買いましょう。(Kindle版もあるよ)
月をマーケティングする

はい、買いましたか?買ってない人のためにいまから話をします。

僕は宇宙開発に「ロマン」という概念を持ち込む人がとても嫌いでした。

地球の重力を振りきって何トンものフネを宇宙にぶち上げ、それを地球に戻す力は「ロマン」ではないからです。
大量の燃料があり、それを入れるタンクがあり、その重みを受け止めてなお地面を蹴るエンジンがある。
そこにはたくさんの人の頭脳があり、たくさんのひとの労働があり、それが精緻に組み合わさって実現する、
科学の勝利であると思うからです。でも、それは半分正解で、半分は不正解でした。

なぜアメリカは月に行ったのでしょうか。
模範解答として「ソ連と冷戦していたから」というのがスッと出てくると思いますが、
なぜソ連より先に月に行かねばならなかったのか。
国威発揚だ、国民のモチベーションアップだ、その先にある経済効果だ、技術的フィードバックだ云々。
それらは全部方便でしかありません。

アメリカの有人月面着陸は「国家事業」です。
月に行きたいと思った人が、月に行けるという予測を立て、月に行くための準備をする。
それはさっき話したようなエンジンやロケットや生命維持装置の開発という科学的な課題とともに
そのための「お金をどうやって確保するのか」という政治的な話でもあります。

本書は「月に行くのに必要なお金を集めるために当時の人々は何をしたのか」というのを
ありとあらゆる資料を集めて検証し、分析し、その手法を解体し、平易な言葉で語ります。
そして、月旅行を実現した最大の要因こそが今でいうところの「マーケティング」であったと断じます。






このあまりにも有名な写真はアポロ11号の月面着陸時にニール・アームストロングが撮影したバズ・オルドリンの姿です。
と、説明されなければ誰だかわかりません。誰だか分からない人の写真、すなわち記録として価値を欠いた写真を撮る必要がどこにあったのか。
宇宙飛行士たちがInstagram中毒でなかったことは確かですが、つまりこれはやっぱり「世界の人に見せるため」でしかない、ただのスナップなのです。

ただのスナップを見るのはアメリカ合衆国大統領であり、議会の議員であり、アメリカ合衆国国民であり、そして世界の市民たちでした。
少なくともアメリカ合衆国の国民に対し、「我々が成し遂げたのだ」という感慨を与える意味で、これほど価値のある写真はありません。

ただ、アメリカ合衆国の国民がみな「我々は月に行くのだ!」「月に行くために働いて税金を納めよう!」と思っていたかといえば、そうではありません。
いつもどおりの税収のなかから、どれだけの割合が宇宙開発に使われるか。それは使って良い予算なのか。
宇宙開発を支持する議員と支持しない議員がいて、その先に有権者がいる。こうなるともう、話は直接的ではなくなります。
だから、月に行こうと本気で考えていた科学者たちと、予算の欲しいNASAは本気でマーケティングをするしかない。

マーケティングとはつまり、月に行くという事実、その映像。それを実現する予算を確保するための宣伝であり、広報であり、おべんちゃらなのです。
これは言ってみれば「アニメを作ります映画を作ります、みんなお金ください。当たりますから!」というのとほとんど同じなんですが、
そうなると「月に行く」という本質的には全然意義のないこと(それが目に見える形で利益還元されるわけではない)を
どれだけおもしろおかしく、かっこよく、かわいく、役に立ちそうな感じで国民やら議員やらにプレゼンテーションするか、という話になるわけです。

まずその下地として、科学的な知識を持ち合わせない烏合の衆に対して植え付けるべきは「宇宙に行くことの科学的意義」ではなく
「ロマン」だった、ということがこの本ではものすごくたくさんの資料とともに描き出されます。
税金を使った国家事業を成立させるために、科学者とマスコミやコンテンツホルダーをぶつけてあらゆる化学反応を起こす。
ウォルト・ディズニーとフォン・ブラウンがいかに未来のビジョンを描き出し、なぜトゥモローランドが建設されたのか。
ウソとホントの入り混じった、キラキラ輝くビジョンをまず提示して、大きな予算を確保しやすい「空気」を作る。
こうした戦略があったからこそ、アポロ計画はきわめてすんなりと実現し、11号で月面着陸に成功するわけです。
(当然ながら8号の「創世記」を読むエピソードなども詳説されていて、宇宙オタクなら必ず泣いてしまうわけですが……)

逆説的に、「人間が月に行って帰ってくる」というのを「画面の向こうの出来事(=コンテンツ)」と考えれば、
同じ筋書き、同じ絵面のお話を何度も味わいたい人々が極めて少ないこともすぐに理解できます。
アポロ11号での有人月面着陸から先、恐ろしいスピードでアポロ計画が国民の興味を勝ち取れなくなる様もまた衝撃的です。
言ってみれば、マーケティングの「具」である「月に行くぞ」というのが実現してしまった瞬間に、
継続的な有人月面探査計画というのは本当に「現実的、科学的な問題」に帰してしまい、ロマンのかけらもなくなってしまうからです。

貴方が何かを実現しようとしているとき、誰をノセればそれが実現するのか。
持続的である必要があるなら、どのようにオーディエンスの興味を引き続けられるか。
アポロ計画という誰でも知っている人類の偉業の裏側で、地球ではどんな人々がどんなことに腐心して情報を拾い、咀嚼し、編集し、皆に伝えていたのか。
「やりたい」「やろう」だけではうまくいかないことをちょっとでも知っている人に、絶対読んでもらいたい名著です。ぜひ。

月をマーケティングする






# by kala-pattar | 2016-08-17 23:38 | Movie&Books | Trackback | Comments(0)

安い美味い速い、半日で超絶かっこいい飛行機プラモを作る方法を教えます!!
b0029315_15111813.jpg

レッドブルはアエロバティックスとかエアレースでも精力的に活動する飲料メーカーなわけですけれども
「フライングブルズ」と呼ばれる自社の機材をたくさん持ってます。これがまあかっこいい。

http://www.flyingbulls.at/en/fleet/

で、そんな飛行機をプラモデルでも楽しもうぜ、というのがドイツレベルのフライングブルズシリーズなんです。
ちょっと古いキットとクールなデカールをセットにし、接着剤、塗料、筆を同梱したいわゆる「ギフトセット」として展開。
これがまあ、どうも店頭での動きを見てると「売れてない!」のです。もったいない。
ニッパーだけ用意すれば完成させられるよ、ほら。と声をかけてくるようなギフトセットの佇まいって結構魅惑的なんですが
タダの一度も買ったことがなかったので今回入手してバーっと組んでみることにしました。

選んだのは1/48 AH-1F コブラ フライングブルズです。大変お安くなっております。悲しい。みんな買おう。
下に示しましたのは実機でございます。超かっこいい。シン・ゴジラにも出てきたコブラさんに牛がドーン! ステキ。



以下、パーツです。凸モールドですがすごいシャッキリしてるし合いが良いしパーツ数少なめでザンザン組めるので最高です。
みんなも適当に飛行機のプラモデルを作ろう。



_DSC5640

_DSC5639

_DSC5641

_DSC5644


リベットバリバリのモノグラム的血統を受け継いだご機嫌プラモデルですね。成型色が黒なのも最高。
さて、これを半日で作りたいわけです。まずもう、塗りません。塗らないでバーっと行きましょう。こうです。


_DSC5647


えー貼っちゃったらパイロットとかシートとか塗れないじゃん!と思ったそこのアナタ!
塗りません!!!パイロットは適当に箱に入ってた緑の塗料をベロベロ~と塗ればよろしい。
古来、兵隊の人形というのは緑色一色と決まっているのです。


IMG_3325


iPhone撮影なので突然画像が汚くなりましたが、まあとにかくパイロットを緑で塗ったらキャノピーもドーンと貼って、窓枠をマスキングもせずに面相筆で塗ります。
キットに同梱の筆は使えないこともないのですが、私は富豪なので写真にも写っているタミヤ メイクアップ材シリーズ No.174 モデリングブラシ PRO II 面相筆 細を使っています。
こちらの筆、恐ろしく毛が強靭で塗料の含みや吐き出しスピードも良く、溶剤でザブザブ洗っても穂先乱れず、ひたすらに素晴らしいです。
本当に模型が5倍くらいうまくなるので即買いです。買いましたか?だいたいここまでで1時間半くらいです。

で、問題はこのシリーズ「簡単にできますよ」というツラをしているのですが、デカールが鬼のように粉々なのが特徴であります。
まああの牛のアレをちゃんと再現しようとしたらこうなるわなーという感じです。マゾにはたまりません。


IMG_3323


最高なのは、このデカールってば発色も素晴らしくフィルムも強靭で余白少なめ。デカールフィットやソフターでグネグネに柔らかくしてもOK。
インクの発色がこれだけギンギンなのにプラモの表面のリベットやパネルラインにもグイグイと密着してモールドが浮き立ちます。貼っててニコニコしてしまいます。
すばらしいデカールとの対話はざっくり3時間ほど続きます。熱中すると本当に楽しい作業ですが、まあ嫌な人は貼らなくても楽しいんじゃないでしょうか。
適当に自分の好きなポケモンの画とか描いても誰も怒らないわけだし。プラモは俺のだし。

で、こまかいパーツとかローター基部とかをちょこちょこと筆で塗っておしまい。6時間ちょいで完成しました。
すげーかっこいい!最高!!!!


_DSC5650


合わせ目消さず胴体塗らず、組んでデカール貼っただけでこれ!!!!!!これが2000円ちょいで1日でできる!!!
いやー、なんとなくこういう「じつは塗らなくてもそれっぽくなるじゃん?」という模型って案外少ないんですよね(ガンプラを除けば)。
スケールモデルでもこういうテンションのものがたくさん発売されてれば(僕は)週末でペロペロ〜っと作るのも楽しいと思います。

ということでレッドブル×ドイツレベルの飛行機シリーズ、めちゃくちゃ安くて美味くて速い(けどデカールがやべえ)と3.1拍子揃って優勝ですから
みなさんドシドシと在庫を買って組みましょう。なんども言いますが、デカール貼りたくなかったら筆で好きな画とか俳句とか描けばいいと思います。かっこいい。
(レッドブルのデカールって結構貴重なので流用してなんでもレッドブルにする遊びとかも超楽しいと思います。)






# by kala-pattar | 2016-08-16 15:46 |  →SPRUE CRAZY | Trackback | Comments(0)

(新しい記事)←現在地→(古い記事)





超音速に更新するつもりが亜音速だったり遷音速だったりして。ゆるゆるとまとまりの無い感じでお届けしております。コンタクトはkala_pattar0415 あっと yahoo.co.jpまでどうぞ。
by kala-pattar
プロフィールを見る