【生で見たら】本城直季ってアレでしょ、ジオラマみたいな写真でしょ【違った】

若気の至りでこんな写真撮ったことないですか。

Study: Honjo's style
▲僕はあります。まあアオリレンズ持ってないんでフォトショで加工してますけど。恵比寿で撮った。昔。


てなわけで、いつしかコンパクトデジタルカメラの標準的な機能として「ミニチュア」みたいな
上下がぼけーっとなるエフェクトが搭載されているというなんだかモンニョリな昨今。

ヒョンなことからレセプションパーティーにお呼ばれしたので覗いてきました。

本城直季 写真展「diorama」

560258_438711679486441_1363841448_n



本城直季と言えば、数年前にsmall planetっていう写真集で一世を風靡した写真家。
都市の風景をフカンで撮影して、アオリという技法を使って極端に被写界深度を狭くし
一瞬ミニチュアが写っているのかと勘違いするような技法がまあ注目を浴びたんですね。

んで、今回も作品展タイトルが『diorama』だしそういうことでしょ
とかタカくくっててすみませんでした。

プリント、実際に見たら、すげーっす。

作品展の意義とかコンセプトはオフィシャルサイトで確認して欲しいんですが
とにかくシノゴ(4×5)のフィルムの持つ圧倒的な情報量が
信じられないくらいデカいプリントにそのまま展開されてて、
近づいても近づいても"画素が涌き出す"っていう感覚に驚きます。

しかもあのアオリシリーズ(small planet)って、全体を見て初めて人間が脳内補正して
「なんかミニチュアみたい」と錯覚するんですけど、
タテヨコ1m超えるプリントともなると、距離によって意味が変容するんだね。
だって、20cmくらいまで近づいたら別に模型じゃないもん。

それはそうと、一緒に並べられているLight Houseってシリーズもスゴいです。
シノゴで撮られた夜の住宅街。そこには誰もいないんだけど、生活臭がする。
んで、蛍光灯で照らされた植栽がヌボーっと生気を放ってる。
これまた相反則不軌フェチが泣いて喜びそうな不思議な画で、ディテールの存在感も強烈。

写真のプリントって何の意味があるんだろね、とか
デジタルとフイルムの得手不得手ってなんだろね、とか
いつもいつもTwitterで書きなぐってましたが、
やっぱり実物を見る(Liveみたいなもんだな)と、認識が変わります。
写真に興味がなくても行くべき。8月までやってるし。タダだし。
規模は小さいけど、見た方がいいですよ。

本城直季 写真展「diorama」
会期: 2012年6月5日(火) ~8月5日(日) 10:00 ~ 19:00 (会期中無休)入場無料
会場: 写大ギャラリー (東京工芸大学・中野キャンパス内)
〒164-8678 東京都中野区本町2-4-7 芸術情報館2F
地下鉄丸ノ内線・大江戸線 「中野坂上」駅下車1番出口・徒歩7分
Tel ( 03 ) 3372 - 1321 (代表)
主催: 東京工芸大学芸術学部
協力:nap gallery
Commented by フェラーリ源太fela_ges at 2012-06-10 09:34 x
めちゃ面白そうな展示ですね。
写真にはとんと疎いのですが、行きます。

写真とか、絵とか、音とかできる人って尊敬の対象ですわ。
世界中の人とコミュニケーションとれるから。
その真髄を学んできます。

ご紹介ありがとうございます!
Commented by フェラーリ源太fela_ges at 2012-06-10 14:49 x
早速今見てます。
まず、大きいミニチュアみたいなの、
輪郭がくっきりしてるとこだけ切り取って見ると、
確かにミニチュアではない。
しかし、質感は普通の写真と明らかに違う。
人間の肌にこれを適用したら、肌荒れ隠し的な感じになるんだろうな、という
不思議な質感。

で、夜の街の写真。
こっちは、実際に散歩してる以上のリアリティがありますね。
多分散歩では、こうやって立ち止まることがあまりないから。
生活感、と書かれてますが、まさに生活を覗き見ているようで、興奮します。

いやあ、それにしても。
大きいことはいいことですね!
(そこか)

見に来てよかったです。
長文失礼!
Commented by kala-pattar at 2012-06-13 13:43
>ふぇらげそさん
いやはや、足を運んでくれたとは!
こういうアクションとコメント、ブログから発生するのが久々で感激ひとしおです。
本で見るのとは違う身体性を伴った大判プリントを見るというアクション(=Gigに近い体験)は
自分にとっても初めてだったのでかなり感動しました。
夜の街は4×5というフォーマット(化け物みたいに大きなフィルムで撮影しているんです)なので
小さいプリントなのにディテールが異様にこまかく、暗いところまでしっかり描写されているのが不思議です。
そのせいか、やたらと実在感があって、それが生活臭につながっているのかな、と。
いやいや、大きいことはいいことですよ(笑)
僕も大判プリントしてみたいなぁ、なんて思いました。
by kala-pattar | 2012-06-07 01:00 | 美術館・博物館 | Comments(3)