『微かなカオリ』 の縦位置PVはジョブズの遺産かもしれん、という話。

おそらく消されるだろうが、貼っとく。




この『微かなカオリ』の縦PVをiPhoneで縦長のまま見たときに沸き起こる感情、
完璧に制作サイドは「分かってやっている」のだろうが、その破壊力がすごすぎてどうしようもない。

簡単に言うと、「なんか見ちゃいけないもん見てる気分」。

別バージョンの横PVをして「動くinstagram」と言ってる人を見かけたが、
それがもっと強調されてて、なんかもう彼女から信じられないくらいキャワワな動画を送られてきて、
それを鑑賞している気分になる。
プライベートなPerfumeがそこに立ち現れる。




「プライベートな悦び」というのがストレートに感じられたのはアレだ、『マカロニ』のPV。
いつもプラスチックで能面で、常人には思いもよらないビートで踊っていた彼女たちが、
こっちを向いて、夕日の街中を歩いている。
しかも3人パックじゃなくて、パーソナルな視線で。
でも今回はそういう曲調や画作りに、縦位置動画という要素が追加された。




画面の縦横変えて、デバイスを変えるだけで、
Perfumeの面々がここまで魅力的にブーストされるんだとしたら、
これは完全にメディアアートなんじゃないかと思う。

写真でも縦位置は接近性があって、横位置は説明的とか言うことがある。
これはその延長線上にあるけど、iPhoneっていうデバイスがなければ味わえなかったと思う。

ポラロイドでヌード撮るとエロいのって、
そもそもヌードがポラロイドじゃないと撮れない(おいそれとラボに出せない)っていうデバイスによる制約から
いつしか「ポラだからエロい」という感覚に変わっていった類の現象なんだと思ってるけど、
たとえば縦位置動画から感じる謎のプライベート性って、
完全にiPhoneというデバイスがもたらしたものじゃん。

iPhoneで動画撮るという行為と縦長映像で覚える興奮がこう結びつくとは、という驚き。
さらに手に持って見るという身体性もまた強烈。アイドルが手乗りに。

b0029315_0251214.jpg
たとえば縦位置AVとか、縦位置イメージビデオがいわゆる「iデバイス」に供給されたら
それこそ大変なことになるんじゃないか。
こんなにPerfumeでドキドキしたことないよ俺は。

ただし、このPVが収録されているDVDからリッピングした動画をiPhoneで見るというのは
現実には「不可能なこと(普通の人はやらないし、タテマエ上は出来ない)」(いちおうまだ違法じゃないのか)。
あくまでTVを縦にするか、寝転がってみるしかないのが惜しい。
でも、これを見ちまったからには、こんな感情になってしまったからには、
iPhone用にアイドル縦動画を売りまくる商売が成立していいレベルだと思う。

いや、これはあまりに事件だと思ったもんで、
いまツイッターに書きなぐってたことをザクッと編集してパブリッシュしました。

ちなみに縦位置PVはこれに収録されてます。
レーザービーム/微かなカオリ(初回限定盤)(DVD付)
by kala-pattar | 2012-09-11 21:54 | オモロ素材/サイト | Comments(0)