小さいけれど本気の造形、バンダイのスター・デストロイヤーを組んだ話

_DSC4494


ようやく時間が取れたのでササッと組み立ててみました。似てる。
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー

プレ値がつくほどの在庫薄状態のようなので、再販かかるまで待つか、街の模型屋さんで探したほうがいいかも。
それにしてもスター・ウォーズのプラモデルが国内のメーカーからワンコインでバンバンリリースされる世界ってステキ。

上の写真見ると巨大に見えますが、全長11cm程度のモデルなんですよコレ。
10分くらいで組めるし、なんなら10個くらい揃えて大艦隊とするのも簡単。
スナップフィットであることを守りすぎてちょっと微妙な嵌合になってしまっていたり
パーツのフチが薄すぎて成形が不安定なところがあったりしますが
まあそこも含めて「バンダイの気合の入りよう」みたいな感じで捉えるとイイんじゃないでしょうか。

_DSC4469
▲ランナーはこのサイズのものが4枚+台座がパッケージされています。


_DSC4466
▲右下、尻のパーツの拡大。金型の抜き方向に対して入れられるディテールを全部入れましたという圧巻の設計


_DSC4470
▲船体は上下分割で、あとは艦橋とかサイドのディテールをちょいちょいとパーツ化してある程度。ちゃんとESB版のディテールになってます。


b0029315_12130740.jpg
▲腹のディテール。配管もみっちり。プロップでも支柱の金属パイプが刺さっていたドーム状のところにスタンドが刺せます。


_DSC4471
▲艦橋基部。立ち上がりの部分にはサイドのディテールパーツを取り付けるためのピンが立ってますね。



技術的に目を見張るところがあったり、異様にトリッキーな分割があったりするわけではないですが
「ビンビンのディテールが入ったスター・デストロイヤーが(手のひらサイズながら)600円くらいで買える」というところに
メチャクチャ価値のあるプラモデルだと思います。
こちらも合わせてパーンと買ってしまうと非常にスター・ウォーズな気分が味わえます。良かったですね。
バンダイ ビークルモデル 002 スター・ウォーズ Xウイング・スターファイター



by kala-pattar | 2016-05-08 18:01 | プラモデル | Comments(0)
“LWGY”