安い美味い速い、半日で超絶かっこいい飛行機プラモを作る方法を教えます!!

b0029315_15111813.jpg

レッドブルはアエロバティックスとかエアレースでも精力的に活動する飲料メーカーなわけですけれども
「フライングブルズ」と呼ばれる自社の機材をたくさん持ってます。これがまあかっこいい。


で、そんな飛行機をプラモデルでも楽しもうぜ、というのがドイツレベルのフライングブルズシリーズなんです。
ちょっと古いキットとクールなデカールをセットにし、接着剤、塗料、筆を同梱したいわゆる「ギフトセット」として展開。
これがまあ、どうも店頭での動きを見てると「売れてない!」のです。もったいない。
ニッパーだけ用意すれば完成させられるよ、ほら。と声をかけてくるようなギフトセットの佇まいって結構魅惑的なんですが
タダの一度も買ったことがなかったので今回入手してバーっと組んでみることにしました。

選んだのは1/48 AH-1F コブラ フライングブルズです。大変お安くなっております。悲しい。みんな買おう。
下に示しましたのは実機でございます。超かっこいい。シン・ゴジラにも出てきたコブラさんに牛がドーン! ステキ。



以下、パーツです。凸モールドですがすごいシャッキリしてるし合いが良いしパーツ数少なめでザンザン組めるので最高です。
みんなも適当に飛行機のプラモデルを作ろう。



_DSC5640

_DSC5639

_DSC5641

_DSC5644


リベットバリバリのモノグラム的血統を受け継いだご機嫌プラモデルですね。成型色が黒なのも最高。
さて、これを半日で作りたいわけです。まずもう、塗りません。塗らないでバーっと行きましょう。こうです。


_DSC5647


えー貼っちゃったらパイロットとかシートとか塗れないじゃん!と思ったそこのアナタ!
塗りません!!!パイロットは適当に箱に入ってた緑の塗料をベロベロ~と塗ればよろしい。
古来、兵隊の人形というのは緑色一色と決まっているのです。


IMG_3325


iPhone撮影なので突然画像が汚くなりましたが、まあとにかくパイロットを緑で塗ったらキャノピーもドーンと貼って、窓枠をマスキングもせずに面相筆で塗ります。
キットに同梱の筆は使えないこともないのですが、私は富豪なので写真にも写っているタミヤ メイクアップ材シリーズ No.174 モデリングブラシ PRO II 面相筆 細を使っています。
こちらの筆、恐ろしく毛が強靭で塗料の含みや吐き出しスピードも良く、溶剤でザブザブ洗っても穂先乱れず、ひたすらに素晴らしいです。
本当に模型が5倍くらいうまくなるので即買いです。買いましたか?だいたいここまでで1時間半くらいです。

で、問題はこのシリーズ「簡単にできますよ」というツラをしているのですが、デカールが鬼のように粉々なのが特徴であります。
まああの牛のアレをちゃんと再現しようとしたらこうなるわなーという感じです。マゾにはたまりません。


IMG_3323


最高なのは、このデカールってば発色も素晴らしくフィルムも強靭で余白少なめ。デカールフィットやソフターでグネグネに柔らかくしてもOK。
インクの発色がこれだけギンギンなのにプラモの表面のリベットやパネルラインにもグイグイと密着してモールドが浮き立ちます。貼っててニコニコしてしまいます。
すばらしいデカールとの対話はざっくり3時間ほど続きます。熱中すると本当に楽しい作業ですが、まあ嫌な人は貼らなくても楽しいんじゃないでしょうか。
適当に自分の好きなポケモンの画とか描いても誰も怒らないわけだし。プラモは俺のだし。

で、こまかいパーツとかローター基部とかをちょこちょこと筆で塗っておしまい。6時間ちょいで完成しました。
すげーかっこいい!最高!!!!


_DSC5650


合わせ目消さず胴体塗らず、組んでデカール貼っただけでこれ!!!!!!これが2000円ちょいで1日でできる!!!
いやー、なんとなくこういう「じつは塗らなくてもそれっぽくなるじゃん?」という模型って案外少ないんですよね(ガンプラを除けば)。
スケールモデルでもこういうテンションのものがたくさん発売されてれば(僕は)週末でペロペロ〜っと作るのも楽しいと思います。

ということでレッドブル×ドイツレベルの飛行機シリーズ、めちゃくちゃ安くて美味くて速い(けどデカールがやべえ)と3.1拍子揃って優勝ですから
みなさんドシドシと在庫を買って組みましょう。なんども言いますが、デカール貼りたくなかったら筆で好きな画とか俳句とか描けばいいと思います。かっこいい。
(レッドブルのデカールって結構貴重なので流用してなんでもレッドブルにする遊びとかも超楽しいと思います。)






by kala-pattar | 2016-08-16 15:46 |  →SPRUE CRAZY | Comments(0)