駅のホームに模型屋があるって知ってました?【秋葉原駅5番線ホームのコトブキヤがすごい】

b0029315_11461800.jpg


秋葉原駅5番線(総武線御茶ノ水方面行き)ホームにコトブキヤがショップを開設したと知り、覗いてきました。
「まあコトブキヤのフィギュアとかグッズがちょろっと売られているポップアップショップだろうな」とタカをくくっていました。すんません。
完全に「模型屋」がそこにありました。駅のホームに、模型屋。年中無休で、朝10時から夜21時まで開店している、模型屋です。
これは驚異です。なんで号外が出ないのか理解できないくらいの衝撃です。あまりにもショックで、声を失いました。



IMG_3778


見てくださいよ。
ここ、駅のホームですよ。駅のホームでニッパーやミニ四駆はおろか、マスキングテープやつや消しスプレー売ってるんですよ。信じられますか。
こりゃもう、冗談で模型を買う人を相手にしているのではなく、ガチのモデラーだって「お、ちょっと接着剤切れたし買ってくか」という話になるっつうもんです。
一日の乗降客数24万人に、買う買わないは別として、プラモデルやフィギュアを始めとしたホビーを認知させるというというのはとんでもないことだと思うのです。


IMG_3774

おっぱいばいんばいんの女の子フィギュアや、セーラー服と軍艦が合体したフィギュアも展示されてて、その場で買えるわけです。
この駅を利用するのは重層的な日本のコンテンツを理解している人だけじゃないはずですが、たぶんこの立地ならふらりと入って、認知してしまう。
モデラーやマニア向けのプロモーションよりも何倍も何倍もマス向けに、お店という形態でアピールしてしまう。超すごい。


IMG_3775


プラモデルの完成品も展示してあるから、プラモデルを知らない人だって「コレを買えばコレが完成するのか……」というのも分かるわけです。
狭い面積の中で、やれることをきちんとやっていて、悔しいったらありゃしない。

おそらく売上をしっかり確保しないと続けられない事業だとは思いますが、
しかし売上以上に大事なことがたくさん詰まってるんじゃないでしょうか。大英断です。完敗。
このお店がどんな未来を描き出すのか、すごく期待しながら注視していきたいと思います。現場からは以上です。



by kala-pattar | 2016-10-01 22:32 | プラモデル | Comments(0)