「肉は切らすし骨も断たれる。ただし生きる。」という山ヤの話



やっと見ました。127時間(字幕版)Amazon プライムビデオなのでプライム会員ならタダです。
簡単に言うと岩と壁の間に右手が挟まっちゃったし誰も来ないしどうしよう、と127時間もがいているだけの話です。
最終的に自分で骨を折ってナイフで右腕切断して自力脱出する、という実話をほぼそっくりそのまま映像化。

よくこれを90分くらいの映画にまとめたと思いますね。超密室というか主人公は事故ってから一歩も動きません。

しかしオープニングからやたらスタイリッシュだし音楽バンバンだしいい感じだなこれ、と思ったら監督がダニー・ボイルでした。
そら「オシャレ激痛映画」になりますわ。見ていて足の裏がじんじんする恐怖感がありますが、映画館で見てたら辛かっただろうな〜。
家でゲータレードやマウンテンデューを用意してガブガブ飲みながら「あ〜〜〜〜」「ん〜〜〜〜〜」などと叫びながら見ると
まあなんとか凌げると思います。久々にプライムで映画見た。おしまい。




by kala-pattar | 2016-10-30 12:17 | Movie&Books | Comments(0)