全人類がその可愛さに悶絶!君はもう「眠っているベジータ」のプラモデルを組んだか

b0029315_12255023.jpg


こんにちは。プラモデル界のフォトヨドバシ大統領ことからぱたです。

今回はホビージャパン最新号を読んでいて「あ、これやばいタイプのプラモデルだ」と直感したので買ってみました。





結論から言いますと、プレイバリューが高すぎるし完成後の姿もなんだかオシャレインテリアみたいな感じでめちゃくちゃイイです。
モチーフ的にもプラモデル普段組まない人向けっぽいし、とにかく内容が楽しい。簡単に言うと「バンダイの悪ノリ」に近いものを感じます。
例によって例のごとく、ランナーです。


_DSC7833
▲箱がメチャクチャデカいのですが、それもそのはず。直径15cmくらいの球体を組み立てるわけで、こういう大味なパーツがドカドカ入ってます。


_DSC7836
▲内装のパーツも厚みがすごい。高めのステーキ屋(ハングリータイガー)の肉くらいの厚みでお得感がZ戦士です。


_DSC7837
▲メカメカしいディテールはあんまりありません。大して描き込みの激しいメカでもないしね。これはシートの座面と背もたれです。


_DSC7844
▲窓のクリアーパーツはピンク。今川焼きくらいの大きさがあって最高に嬉しいです。っていうか巨大なのに解像度が低くて知能指数が下がります。楽しい。


_DSC7922
▲どどーんと組み立てるとこういう物体になります。20分もあれば組み立てられますね。楽勝です。


ハイおしまい、と言いたいところですが、このキットのヤバいところは中に入るベジータ(眠り)の無可動フィギュアの組み立ててです。
こちらはここ最近のバンダイによる「人間のプラモ」の集大成的な作りになっており、組みながら「なんだこれ!!!!!」と叫ぶこと必至。
とにかく買ってきて組みましょう。話はそれからです。


_DSC7815
▲顔です。左右から耳とスカウターのダボがスライド金型で成形されていて、寝てるベジータ(可愛すぎる)の眉毛は別パーツです(バカ!!)


_DSC7817
▲下半身は豪快に前後2パーツ割り!筋肉とおしり!男子の筋肉とお尻のプラモ!おいそこの女子!買え!!


_DSC7819
▲このパーツが何なのか最初はわからないのですが、あとでクリリンのように恐れ、震えます。乞うご期待。


_DSC7820
▲サイヤ人と言えばこのスーツ!背中の色分けを再現するためのダボがガンガン開いてますね。


_DSC7822
▲そして肩や背中、腰回りのベージュ部分を再現するパーツです。ベジータはシールなしで色分け全再現!


_DSC7830
▲髪の毛は5パーツに分割されてあのベジータの独特な髪型を再現。左上の細いのが眉毛です。


_DSC7849
▲顔面と髪の毛を組み立てているところ。「ベジータが寝ている」というのが大事で、目を再現しなくていいのが最高です。


_DSC7853
▲このキットのハイライトです。前後割りになったサイヤ人スーツに鎖骨と首が再現された肌色パーツをハメて、さっきの謎形状パーツを前に装着。


_DSC7854
▲左右の腕をそこにガボッとハメて……


_DSC7856
▲左手を乗せたら「腕組みポーズ」が完成します!絶叫!!!なにこの分割!おもしろすぎるだろ……。


_DSC7919
▲そして完成したベジータ様!可愛すぎてぶっ倒れそうです。腰にぐるりと巻かれた尻尾やスカウターもしっかりパーツ化。泣く。


このキットのめちゃくちゃ最高なところは「ベジータが寝てるし無可動」というところだと思うんですよね。
ガンプラや最近のドラゴンボールのプラモデルは「アクション(動いてナンボ)」みたいなのを売りにしてると思うんですが、
色分け最低限で、筋肉の流れと腕組みという比較的難しい彫刻を「無可動」で再現しているのが
プリミティブすぎる(=形を再現するという本来の)楽しさに直結しているように思うのです。
(みんな「セル」の色分けとかでビビってるけどガンプラ作ってる会社からしたらあんなの朝飯前ですよ。うろたえなくてよろしい。)

正直これって「アクションモデル」にこのポーズらしきものを取らせるよりもインテリジェンスの必要な設計だと思うんですよね。
しかも組む側からすれば可動モデルよりパーツ数少なくて済むし、宇宙船ポッドと組み合わせるならこれ以上の完成度のフィギュアはないでしょ……。

宇宙船ポッドのなかにこの眠りベジータを突っ込んでハッチをパカパカ開け閉めしてるだけでもうニヤニヤが止まらない。可愛すぎる。


_DSC7911
▲ほら!かわいいでしょ!!!!最強のサイヤ人が寝てるんですよ……。


_DSC7901
▲開閉装置(シリンダーっぽいやつ)とか計器盤の組み立ても「うわー!考えてあるぅ!」という感じで最高に楽しいです。


ちなみにこの宇宙船ポッド(というか本シリーズの源流になっているフィギュアライズスタンダードシリーズ)は1/12スケールくらいの大きさなので
とにかく同じようなサイズのフィギュアなら突っ込んで遊べるわけです。なんでも地球襲来。プレイバリュー高すぎ。


_DSC7957
▲「栽培マン㌠は悟飯を、ベジータさんとナッパさんはピッコロさんを潰してください!」


……ということで最近は女の子のプラモデルにうつつを抜かしていましたが、
同じような要素(手練手管)を使ってアイディアを水平に展開しているバンダイの「人間プラモ」が非常に危険。危険プラモです。
バンダイと言えば可動!バンダイと言えば色分け!というのはもちろんあるわけですけど、
その傍らで「ガバーッとしてるけど分割の面白さとかモチーフの面白さで『悪ノリ』に近いアイテムも出せる」というのがすごいな~と。
本当に簡単ですが大きさもプレイバリューもお値段以上ニトリなので皆さんやっていってください。ナメック星からは以上です。
(個人的にはこの作りでアポロとかソユーズほしいわ……作るか……)









Commented by jk at 2016-11-09 00:21 x
気持ちわる。。。
by kala-pattar | 2016-10-30 13:06 |  →SPRUE CRAZY | Comments(1)
“LWGY”