谷川岳、冬の絶景トレッキングのようす

b0029315_14562617.jpg

1月はなんだかドチャクソ忙しくて山に行く気力ナシ……。今年一発目の山行(遅い)は谷川岳でした。
天気予報とにらめっこしてたのは山ヤもスキーヤーもボーダーも同じ。朝の天神平ロープウェイはチケット買うのに30分待ちの大行列。
うんざりしつつも登山口に到着すればそこはやっぱり天国なんだな。




b0029315_14583733.jpg
▲信じられないくらい混雑した「MAXとき」から上越線で土合駅へ。雪は多めな気がする。


b0029315_14592792.jpg
▲スキー場に降り立つアイゼンピッケルの我々はゲレンデの横をえっちらおっちら登ります。


b0029315_15000109.jpg
▲前回も思ったけど、天神平までの急登が核心部なんじゃないかというキツさ。早起きは辛い。


b0029315_15003793.jpg
▲脚力が信じられないくらい衰えており、登攀中は呼吸をするのが精一杯ながらなんとかトマの耳まで到達。頂上真っ白で視程ほぼゼロ。


b0029315_15015194.jpg
▲浮かれる我々ですが、地獄のように寒い上に、トレースを外してクレバスに落ちる山ヤなどもおり、危険が発生していました。


b0029315_15030987.jpg
▲寒いし何も見えないしオキの耳はスルーして下山。山頂から下れば下るほど晴れ渡ります。さすが谷川岳。


b0029315_15040500.jpg
▲一眼やアクションカムを構える山ヤ多数。ひたすら景色が良いので立ち止まりながら、感動に次ぐ感動。すばらしい眺望。


b0029315_15045627.jpg
▲時折吹く強風がパウダースノーを巻き上げて、太陽の光に何とも言えないエフェクトをかけてくれます。最高。


b0029315_15054316.jpg
▲ほかのどこにも似ていない、パノラミックな天神尾根を下ってサクッと下山。鼻水が無限に垂れる。


b0029315_15063009.jpg
▲水上駅と迷いましたが、やっぱり帰りも土合駅からの帰京をチョイス。だって楽しいんだもん。


b0029315_15072283.jpg
▲おなじみの大階段を下り……


b0029315_15074919.jpg
▲荒れ果てた駅務室を写真に収め……


b0029315_15081158.jpg
▲おつかれさまでした。またね!


谷川岳は魔の山と呼ばれたりしてますが、天気の良い天神尾根は冬季でも優しい表情を見せてくれます(気を抜いたら死ねるけど)。
しかも朝普通に起きて東京駅から電車で2時間程度のアプローチ。あまりにもフォトジェニックな景観がいっぱいなので
一眼レフを構えた山ヤやアクションカムでいろんな景色を撮るバックカントリー野郎たちも多数。インスタが楽しい。
ということで今シーズンもう一回くらい行きたいし、毎年冬が来たら訪れたい山です。ホント景色良かった。鍛えるぞー。

※このエントリの写真はすべてSONYのRX100M3で撮影されています



by kala-pattar | 2017-02-05 15:11 | Mountain | Comments(0)
“LWGY”