ドラゴンボールのプラモデルがド素人でもなんとか塗れる魔法の塗料の話。

b0029315_20073070.jpg
▲はいかわいい。バニーちゃん姿のブルマです。最高です。

小さくて安くてサクーンと組めるプラモデルがいっぱいあると、スキマの時間でいっぱいプラモデルが作れるので脳に良いです。






b0029315_20073186.jpg
▲こういうコミックスを意識したパッケージで


b0029315_20073147.jpg
▲背表紙のアレオマージュです。全部買わないと気持ち悪いという罠です。


b0029315_20072638.jpg
▲小指の先ほどの大きさのキャラクターは濃いグレーで成形されてます。色分けしようと思えばできるんでしょうけど、低価格アイテムですからね。


b0029315_20072715.jpg
▲寝ているベジータに続き、寝ているウーロンをプラモデルにしたバンダイ。


b0029315_20073001.jpg
▲悟空のポージングと組み方は「牛魔王の車」のほうがヤバイです。完全に頭いい。これは組んだらわかる。


b0029315_20072689.jpg
▲ランナーにはロマンティックパーツという不要なパーツが付いていて、これを7種コンプリートするとロマンティック戦闘機が完成します。


ドラゴンボールの良さを完全に理解しまくったパッケージングに腹が立ちますね。もう造形がどうとか組み味がどうとかは腹が立つので書きません。
とにかく買って組んだらロマンティックになってしまうので、有無を言わせない感じがあります。横綱相撲ここに極まれり。


b0029315_20073225.jpg
▲スライド金型なしでこの表情。ただ、このフィギュアをいったい誰が塗れるというのでしょうか


b0029315_20160788.jpg
▲色数少ないから味気ない。やっぱ、塗りたいよねぇ……


b0029315_20073281.jpg
▲でもこんなに小さいんですよ……(足をつまんでるのはピンセットです)


b0029315_20164761.jpg
▲しかし、我々人類にはシタデルカラーという強い味方がいるんです。


ぶっちゃけこんなに小さいフィギュア、いままでのオレだったら塗らなかったと思うんですが、
まずこれだけ造形がイイカンジなのでどうしても塗りたい。で、最近その使い方を理解したシタデルカラーを実戦投入しましたので、塗りました。

■シタデルカラーのここがすごい
・水性なので臭くないしコップに水入れて机の上に置いとけば筆の洗浄も希釈もできます。
・水性なのに異常に乾燥が早く、乾くとビシビシのつや消しになります。いったいどういう成分が入っているのでしょうか……。
・水性なのに塗膜が異常に硬く、ちょっとやそっとでは剥がれませんし、グニグニした感じもありません。むしろ固まったら洗浄とかほぼ不可能です。
・一回乾くと上にどんな色を重ねようが、溶け出しません。白の上に青塗っても溶けて水色になったり濁ったりしません。謎です。
・ノビが良いのに異常に隠蔽力が高いので、黒い下地の上にいきなり赤とか黄色がビカーンと発色します。完全に意味が分かりません。
・上記のような特性があるため、はみ出しても絶対にリカバリーできるし、線が太くなったらキワを延々攻め続けていくらでも細く整えられます。
・よって、ブルマの顔の瞳(上下4mmくらい)の虹彩とか瞳孔とかハイライトをフィギュア塗装ド素人のオレでもなんとなくできてしまいます。
・色数が異常に多く、機能別に濃度とか成分が調整された特殊技能持ちがいっぱいあるので、覚えるとグラデーションとかも筆でできます。
・「高い」(1本550円〜)と思うのですが、一回使ったら「いままで何してたんだオレは」となるチート性能です。
・大面積を塗るのには個人的にオススメしませんが、とにかく筆でちょこまかと細かいものを塗るなら地上で最強だと思います。
・飛行機モデルのパイロットとか、コクピットのスイッチ/レバーとか。戦車の車外装備品とか。
・とにかく使ったらわかる。これはヤバい。麻薬的にすごい。

と、褒めちぎりましたがオレはシタデルカラーの回し者ではないのでみなさん騙されたと思って1本買って試してみると良いです。
このへんはこんど詳しく書きたいんですけど、塗り始めたら面白すぎて写真撮るの完全に忘れるからブログにしづらいんだよな……。

正直こんな小さいフィギュアそもそもオレの人生で2回くらいしか塗ったことないし、塗ったとしてもうまく塗れたことないし、
大体ラッカー塗料の溶剤が下地を溶かしてグダグダになってボケボケのグジャグジャみたいな結果になっていたのでした。
が、シタデルは永久に行ったり来たりしてまあまあ納得行くまでやり直しがきくし、そもそも発色がいいから塗膜が厚ぼったくならない。

b0029315_20075409.jpg
▲この紙パレットの上で全部完結します。筆はタミヤのモデリングブラシPROIIが模型店流通だと最強だと思います。


マクロレンズでガーッと寄って撮影して画面で等倍でビャーっと見ると結構ヤバイですが、
30cmくらい離れて肉眼で眺めるぶんには「そこそこ塗れてるやんけ」という雰囲気になります。
まあドラゴンボールのプラモは出来が良すぎてシャクなので、そのへんの小さいフィギュアっぽいものを試しに塗ってみてください。
模型の塗装法について、固定概念がガラガラ崩壊しますよ……。びっくりしますよ……。(シタデルカラーはヨドバシとかで売ってます)
ぜひ。






Commented by 通りすがり at 2017-05-21 00:29 x
シタデルカラーいいですよね
隠蔽率が高い赤黄白もいいですが、特に黒を愛用してます
しっとりとした黒で、全塗料で一番世話になってるかもしれません
最近は色数の多い肌色系を、甲板色に応用して艦船模型に使うことに挑戦してます
Commented by 永遠の中二モデラー at 2017-05-21 03:51 x
私もシタデルカラー、愛用してます。

最初は子供が居るので水性塗料を使わなければ、という事で始めたのですが、今ではシダデルカラーとアクリジョンをメインで使用してます。

新しい水性塗料って、臭いもしないし乾燥も早いし、換気なんか気にしなくても良いし。

しかも溶剤が「水」だから手入れも超楽なので、使い終わったエアーブラシは洗面所で水道水を流して洗ってます。
ステキです。
by kala-pattar | 2017-05-20 20:36 |  →SPRUE CRAZY | Comments(2)
“LWGY”