人生で最初に出会ったツンデレ女子をプラモデルで組む話

b0029315_23595328.jpg
▲くしゃみをすると性格が180度変わるツンデレの女王、ランチさんのプラモデルです。


もうちょっと待ってほしかったんですが、すぐ出ちゃいましたね、メカコレドラゴンボールシリーズ第二弾(3作目&4作目)。

第一弾(1作目/2作目)の様子はこちらからどうぞ。

ランチさん本当に良くて、もし身近にいたら最悪ですけどマンガのキャラクターとしてすごいと思いましたね。子供の時。
あんなわかりやすくギミックとしてのツンデレを搭載した女の子が描けるんですから、鳥山明は天才です。
見たいですよね、ランナー。


b0029315_00043600.jpg
▲一輪バイクはかなりこぢんまりしていて、色分けも結構適当です。造形の小気味良い感じとか、少ないパーツ数でディテールぎっちりな感じは憧れ。

b0029315_00053111.jpg
▲スライド金型を使わずに、4色の1枚ランナーの中で何ができるかということにチャレンジしている様子が本当におもしろい。


b0029315_00065353.jpg
▲例によってフィギュアは濃いグレーで成形。ここがミソだよなー。もし色分けするとなると、値段がうなぎのぼりになってしまうし、分割も複雑なことに。


b0029315_00074073.jpg
▲この前半身のパーツが白眉。前かがみの状態で金型に入ってるので、キャミソールの谷間がちゃんと立体的に成立しています。この絶妙な角度、実際に見て確かめてください。


b0029315_00083617.jpg
▲こっちは悟空のジェットバギー。非常にイイカンジの曲面とモールドが楽しめます。パーツ数も多めで、小さくても組み応えあります。


b0029315_00092782.jpg
▲シリーズ4作目にして、ようやくメカメカしい雰囲気が堪能できるパーツ群じゃないかなと思います。


b0029315_00095716.jpg
▲ほら、こんなん組みたいじゃないですか!買って積んでおくことを許さない、手早くて旨いインスタントメシみたいな雰囲気が最高です。


b0029315_00104714.jpg
▲グレーの悟空をキミはどうする!塗るしかないやろ!


b0029315_00123469.jpg
▲はい、悟空を組んでみました。小気味良いっすね。透明のスタンド、すげー気がきいてます。


b0029315_00132021.jpg
▲ランチさんは流石に分割がハードコアで、合わせ目がガッツリ。肉眼だとあんまり気にならないけど、塗るなら合わせ目消したい……。


シタデルカラーだと鮮やかな色とか明度高い色の塗り重ねが怖くないのでフィギュアも臆することなく塗るようになりましたが、
ブログで見せたい一心でサクサク塗ろうとするとやはり表面が荒れますね……。
丸一日かけてランチさん塗ったらもう少しシズル感と言うかセルアニメ感を出せたりするんだろうか。
そんな暇がいつあるのかよく分かりませんが、とにかく濃いグレー単色のフィギュアは「やべえ……塗らないとカワイそう……」というカンジがするので
みなさんもシタデルカラーをちょいちょい買って塗ってみてください。


b0029315_00161734.jpg
▲ということで息抜き代わりに悟空のフィギュアだけ塗ってみました。ゴーグルのところがお気に入りです。


ちなみに肌色のレシピですが、BUGMANS GLOWをベースに、CADIAN FLESHTONE→KISLEV FLESHをレイヤーで重ねると良い、と教わりました。
(ベース塗った後にREIKLAND FLESHSHADEをジョバジョバ塗ると陰影がより自然に再現できるので併用してもいいでしょう)
これはマジでミリタリーフィギュアとかにもガンガン応用できる鉄板の組み合わせなのでサクッと揃えておくと家のあらゆるフィギュアの顔が塗れます(マジで)。

ということでドラゴンボールのメカコレはあと3つくらいが発売確定しているので楽しみなんですが、
亀仙人とか悟空よりやっぱ女の子がプラモデルになってると興奮するのでチチとかピラフ一味のマイとか胸にPIE PIEって書いてある人魚とか
そういうプラモが死ぬほど欲しいのでよろしくお願いします(誰に)。スケベ(ムフフ)イズ パワー。




by kala-pattar | 2017-06-19 00:27 |  →SPRUE CRAZY | Comments(0)
“LWGY”