女の子可動プラモ最前線を切り拓くサイボーグ忍者を組んだ話

b0029315_21470819.jpg
▲大きさの比較のために置きましたが、冷静に考えるとこの製品組むのに接着剤はいりません。


コトブキヤ様、JASDAQ上場おめでとうございます。
フレームアームズガールがバシバシ売れる昨今ではございますが、
同じくらいの助走期間をもって発売されたヘキサギアが気になる年頃なので組んでみました。




ヘキサギアというのはコトブキヤが出しているプラモデル的なルックの製品で、接続部の規格が統一されているから
ブロックトイ的な遊び方ができて、なんかオリジナルのメカとかが楽しめます的なやつだと思います。

それはもうフレームアームズでやってたじゃんか、という話でもあるんですけれども
ヘキサギアは1/24というスケールを設定したので人間(サイボーグ?)が指先サイズであるため
「人間的なものが乗り込むメカ」をイイカンジの大きさに設定して、組み替えて遊んだりできるのが面白いんじゃないでしょうか。

それゾイドでやってたじゃんか、という話でもあるんですけれども、
ヘキサギアの人間は可動プラモ、つまり関節が動く。これはすごい。1/24の人間が動く。
その仕組みとかがどうなっているのか知りたいじゃないですか。
いや、すでにガバナー(この人型のやつ)はいくつか出てるんですが、無個性なおっさんみたいなやつだったので女の子だから買ってしまったんです。
女の子だから……買ってしまった……。悔しい……。


b0029315_21580577.jpg
▲ハコ開けると大量にビニール袋が出てきて、刃物がないと開けられません。ひたすら袋を開けて、小さいランナーを取り出します。


b0029315_21580575.jpg
▲色は5色くらいで打ち分けられているんですが、素材にABSとPOMとPVCを採用しています(一般的なプラモデルに使われるPSは使われていない!)。このランナーはABS。


b0029315_21580617.jpg
▲これもABSですね。PSよりも粘りがあるため、可動部に使われがちな素材です。左下のは乳かな〜と思ったら尻でした。


b0029315_21580759.jpg
▲これはPOMという素材で耐摩耗性に優れています。ABSと組み合わせることで関節の渋みとかを調整してるんですね。


b0029315_21580775.jpg
▲髪の毛はABS。先っちょが折れないようにランナーから保護用の壁が立っています。


b0029315_21580846.jpg
▲これは柔らかいPVCで、塗装された状態で袋にポーンと入っていました。セクシーですね。


b0029315_21580871.jpg
▲ひたすら袋に入っている細々した物体。ランナーに付いている状態フェチとしては「バラされた玩具を手渡された気分」という感じです。


組み立ては結構エグくて、7cmくらいのおねーちゃんが完成するまでに「イギー!!」となる瞬間が4回くらいあります。
やはり可動モデルを自分で組むというのは結構大変で、しかもこのサイズではガンプラみたいに外装と可動部(ポリキャップとか)を分けた設計に出来ません。
なので、太ももやスネはそれそのものがワンパーツで、それらを合わせてから可動部に自分で軸を圧入するみたいな工程があります。
プラモデル的というよりは、極めて工場のおばちゃん的な作業になりますが、徐々にサイボーグ忍者女子が完成するのは確かにちょっとおもろい。
しかしなんつーか、これはやっぱり箱に書いてあるとおり「1/24 SCALE KIT BLOCK」であって、プラモデルとはどこにも書いてないんですよね。

まあなんというか、不思議なプロダクトです。
素材も素材なんで、切る貼る削る塗るという作業には向いてないし、そもそもそういう人を意識してない"プラモデル"とも言えるでしょう。
つまるところ、プラモデルの皮をかぶりながらどこまで行けるのか、というのをバンダイと違う方向に向かってチャレンジしてる印象。


b0029315_21580957.jpg
▲7cmの可動お姉ちゃんが1700円という値段。中には"アーカイブカード"という絵葉書みたいなのが入ってました。設定を読むと、このお姉ちゃんは人間らしい。


b0029315_22114066.jpg
▲プラモが動く、ということに僕はあんまり興奮しないのですが、一応動く物体なので動いた状態をお見せしておきます。


b0029315_22123242.jpg
▲肘のところに丸い軸があるでしょ。直径1.5mmくらいなんですけど、これを押し込むんですよ。あと目が見えないデザインなのが頭いいね(塗らんでええ)


b0029315_22133041.jpg
▲左のおっさん(動かない)が1/24、ヘキサギアも1/24。青いおっさんはノンスケール。右のお姉ちゃんは1/20です。大きさと満足度の相関について考えます。


b0029315_22142549.jpg
▲1/24なので標準的なクルマ模型に乗せられます。どういうシチュエーションなんだ。そうそう、ポニテとまとめ髪は選択式ですよ。


さて、ヘキサギアの真髄はこの乗ってる人じゃなくてこれが乗り込む機械?みたいなやつ?の方にあるっぽいのであとでそっちも組んでみようと思います。
なんというか全体的に面白くないブログになっていますが、今回はしょうがない。そういう日もある。
組み替えるとか可動するとかにあんまり盛り上がらない人がヘキサギアを組むとこういう感じかー、と思ってください。
でもこのANNA SUIみたいな配色とかむちむちしたデザインは好きです。ゾウさんはもっと好きです。
ということで、みなさんも頑張ってください。東京証券取引所からは以上です。




Commented by はやと at 2017-10-17 22:35 x
いつも楽しく拝見しています。
僕もとある事情で今日これを組みました。
たしかに「イギー!!」ってなりましたw
僕はメカも3体組んだのですが、途中でミクロマンを連想しました。
by kala-pattar | 2017-10-16 22:24 |  →SPRUE CRAZY | Comments(1)
“LWGY”