17AGB(=AGB5003)とAGB-5002

しらせの後継がしらせってどういうことやねん、
と、会社でもボチボチと話題になっていますが
そのしらせ(あーややこしい。現役のほうね。)が解体を免れる可能性。

「稚内市、「しらせ」誘致に名乗り お金はないけれど」
(asahi.com)
2007年12月19日13時30分
 樺太犬タロ・ジロの故郷・北海道稚内市が、来春の引退後の引き取り手が見つからず、保存も絶望的となっている南極観測船「しらせ」の誘致に手を挙げた。だが、予算はとても足りないため、横田耕一市長が19日午後、「保存のために国も支援を」と文部科学省を訪れて訴える。
 「しらせ」は82年11月に就航、現在、25回目の最後の航海中で、帰国は来年4月。文科省と運航する防衛省は引き取り手を探してきたが、払い下げや改修に10億円以上とみられ、どの自治体からも打診がなかった。
 稚内市は、1956年の1次隊派遣の際、犬ぞりの訓練地だった。「今こそ南極観測の歴史を伝える価値がある」と、市議会でも誘致を求める意見が出るなど、活性化の核としての期待が高まっている。
 だが財政難のため、自前で経費全額は工面できない。名古屋港にある2代目「ふじ」の場合、5億8000万円の払い下げ金を含む改修費などで、引き取り時に約13億円かかった。「せめて初期費用だけでも国が負担できないか」と稚内市は国に財政支援を求めることにした。
 同市は稚内港にしらせを係留し、船内に、老朽化した市の水族館など計3施設を移築する計画。現在年間計8000万円の維持費がかかっており、その中で、しらせの保存経費もまかなうつもりだ。

うーむ。
水族館やらなんやらを中に入れるのはどうかと思いますが
(宗谷の保存状態がかなり生っぽくて好きなんです)
とりあえず死なずに残ってくれれば最高ですね。

ちなみに宗谷は船籍を剥奪されず東京湾に浮かんでいます。
だから一応「現役」の船なんですよね。

どっこい「しらせ」は後継艦も「しらせ」となるため
同じ名前の船は同時には存在できない(=船籍はもちろん剥奪)
と思われますが、どうなんでしょうか。

>>しらせ (砕氷艦)
>>しらせ (砕氷艦・2代)
(ともにWikipedia)
by kala-pattar | 2007-12-20 01:55 | ニュース/怒り/愚痴 | Comments(0)
“LWGY”