穂高連峰同伴出勤の旅 その2

河童橋を渡り、人の少ない梓川の右岸を遡上する。
b0029315_19584567.jpg

これが失敗で、死ぬほど時間がかかる。
トレーニングも何もなしにひさびさの山登りである自分。
さらに出勤なのでいろいろ背負っているM嬢は
なんかMacとか酒とか大量に背負ってるので、荷物がやたらデカい。
道行く人に「なんでこのカップルは男が女に荷物を背負わせてるんだ」という
ビミョーな視線を投げ掛けられているような気がする……。
何にせよペースが上がらず、とんでもなく歩みが遅い。

徳沢で一本。
その後、強烈な便意に教われるワタクシ。
とんでもない便意の塊となるワタクシ。
そういえば最近出してなかったなーとか軽口を叩く余裕もない。

するとすれ違いざまに「あら、Mちゃん!」と女性登山客ふたり。

社長令嬢ともなればこの山域では有名人である。
というかふたりの登山客は目的地の元従業員であった。
立ち話。うんこしたいのに立ち話。

「このひとうんこしたいんですよ」と
M嬢が相手に余計なインフォメーションを与える。
もはやワタクシの印象は「うんこのおにいさん」である。

美人なふたりと別れ、脂汗をかきながら横尾の便所へ急ぐ。
「ワイの肛門と北アルプスのチカラ比べや!」とか
「海賊王になりてえ!」とか
叫んでいないとうんこが漏れてしまう……。

そしてランウェイ・インサイト。
VTOL機が地面にブラストを叩き付けながら着陸するがごとく、
ズボンを下ろすと同時にペガサスエンジンがうなりを上げる。
結果、前代未聞の量のバラストを廃棄する事に成功。

しかし別にペースが上がる訳ではない。
とりあえず横尾大橋を渡り、本格的な登りにさしかかったのであった。

うんこがしたくてしょうがなかったので、写真が微妙である。

あんまり地球っぽくない風景を行くM嬢。オレはうんこがしたい。
b0029315_2091959.jpg


無事うんこを終え、横尾大橋を渡る。
b0029315_20102384.jpg

つづく
by kala-pattar | 2009-09-21 20:12 | Mountain | Comments(0)
“LWGY”