【GNH】ゼロ年代終わりのブータンを旅行してきた。【その1】

2009年12月26日、品川駅。
生まれて初めて成田エクスプレスに乗る。

253系なのが残念だったけど、そんな贅沢言えないほど緊張していた。
なんせ海外旅行自体が初めてだったし。

エクステリアはもうベッコベコになっているけど、内装はとても美しい。
海外から日本に来た人が初めて乗る電車であるということを
きちんと意識したデザインになっているんだなぁ、なんて考えたり。

_IGP7436
▲蕎麦つゆのにおいが充満する品川駅。年越し蕎麦はブータンにもあるのか?


_IGP7441
▲E259系に順次置き換え進む253系。この面構えはやはり唯一無二なのであった。


_IGP7465
▲特急料金をとるだけあって、車内は快適至極。インテリアにも金がかかっている。


_IGP7480
▲列車は一路、成田空港へ。



一人成田空港第2ターミナル駅に降り立つ。
すでに盛り上がる旅気分。
やっぱりオレは空港が好きなのだなぁ……とか再認識したり。
15kgのバックパックが重い。

_IGP7492
▲クリスマスの翌日。降りる人はまばら。


_IGP7505
▲中国東方航空のカウンターへ。並ぶ人のほとんどが中国人だった。


_IGP7507
▲チェックイン。三脚は規定外扱いとなり、エアキャップにくるまれてザックとセパレートされる。



最初の寄港地は上海。
バゲッジはそのままバンコクまでダイレクトに到着するので、
自分は荷物を気にせず乗り換えをすればいい、と
地上業務を受託されている日航のおねいさんに言われる。

_IGP7536
▲異国へ行く。この違和感!


_IGP7537
▲こんなもん羽田にはない。テンション上がる。


_IGP7554
▲この謎の乗り物ももちろん羽田にはない。ますますテンション上がる。



パスポートコントロールやらなんやらがどれくらい時間がかかるのかも知らないため
やたらと早く搭乗口に向かってしまい、暇を持て余す。
日本のビールが飲めるのも今のうち、と思ってプレミアムモルツをひと缶飲み、
あまりの緊張で酩酊していることを自覚する。

ありとあらゆることが初めてで、周りはすでに日本語通じない人の方が多い。
なんだこれ。なんでバンコク集合なの? どうして?
と思っているうちに、そんなことを意に介さないMU522はNRTを飛び立ったのだった。

_IGP7576
▲東京ってすごい街なのね。



つづく
by kala-pattar | 2010-01-11 14:41 | 行ってきた | Comments(0)