「この映像を見ずに死ねるか」と心から言いたい

まずこれを見れ(画質は1080pに設定すれ)。



Zepを知っている人は読み飛ばしてもいいです。ただ、知らなかったら騙されたと思って読んで。

Led Zeppelinというバンドがいましてですね。
世界で最も売れたヘヴィメタルロックバンドとしてギネスに記録されています。
これがまあ、本当にかっこいいわけです。
まずどうかっこいいのかは『レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ』を見てください。
いま安定して手に入る彼らのライヴ映像ってこれしかないですから、そりゃもう何度となく見ました。
音は悪いしモノラルだし、映像ボッサボサだし意味分かんない演出入るしひどい映画です。
しかし、4人の若造がアホみたいにかっこいい音楽をぶち鳴らす様は筆舌に尽くしがたい。

そんでまあ、Zepというバンドはドラムのジョン・ボーナムが寝ゲロに溺れて死んでしまい、1980年に解散。
"ボンゾ"と呼ばれたそのドラマーはありえないリズム感覚の持ち主であったため
「彼抜きでのZepはありえない」という理由により、再結成とかはありえないこととされていました。

どっこい、2007年、突如として彼らは1日限りの復活ライブをやります。
ドラムにはジョンの息子、ジェイソン・ボーナムを迎え、イギリスO2アリーナで行われたライブは
チケット1枚がオークションで1900万円とかいうアホみたいな額になったりして話題になりました。
んで、その映像がようやくソフト化されたんで、買ったんですよ。



あのですね、ボーカルが64歳。ギター68歳。ベース66歳。
ジジイですよ。完全に。
そもそも演奏だって超絶技巧とか精密機械とか
そういうものから最もかけ離れたところにいるバンドでしたから、
「再結成」なんて所詮遊びだろう、と。ちょっとした金儲けのための余興だろう、と。

ブルーレイディスク、PS3に入れて、一曲目の最初の音。
そこでもう、脳みそバッコーンて吹き飛ばされました。
もうどう見てもジジイな3人と、あの伝説のドラマーの息子が、
完全に現役のときのプレイを上回る信じられないプレイを次から次から……。
最初はボーカルも声がなじんでないのですが、3曲程で調子を掴んだのか、もう震えるレベル。

これだけ書いてもまだ何にも伝わらないと思うんですが、
もうどんどん顔とかも若返ったような幻影が見えるんですよ。信じられないと思いますけど。
声もプレイも若い時のそれのグルーヴを醸し出しつつ、円熟の極みなのよ。
伝説の、ギネスのバンドの、Zepっていう神々の、その「あるべき続き」が見れるの。おかしいの。

息子ボーナム、どんなドラムかと思ったら、完璧に途中から親父が乗り移って、半泣きで叩いてるんですよ。
そして音質もこれまでの音源で最高なんじゃねえのってレベル。
これだったのか、これがZepの本当の音だったのか。そんなことを思いながら聞くわけです。
床がバリバリ言うほどの音で、Zepの名曲が蘇るんじゃなくて、そこで完璧に生成されるっていう。

画質も果てしなくて、ギター弾いてるペイジの指のシワ、
KORGのキーボードを弾くジョン・ポール・ジョーンズの指のシワまでシャッキリ。泣ける。

カット割りも最高だし、カメラワークも抜群だし、ステージに余計な演出もなし。
ただの小さなステージで、3人のジジイとその仲間だったドラムの息子が
お互い超いい顔して楽器をぶん回すだけで、世界観がモリモリ立ち上がっていく。すごい。

この多幸感はですね、例えるならファミコンのマリオを30年やってた人が、
いきなりスーファミのスーパーマリオワールド渡されたような状態。
マリオなのに解像度上がってて新しい要素あるし音いいし、でもルールは同じだしマリオ!みたいな。
よくわかんない。俺も何を言ってるのかよくわからない。

だめだ、ここまで書いてもなんにも伝えられていない……。
とにかく、「音楽が好きです」という人、もしくはPS3を持っている人、
何も考えずに絶対に見るべき。見たら確実に驚き呆れ、笑って泣ける、そういうライブです。
そうだなー、俺はもう、これ以外のブルーレイ全部捨ててもいいよ、ってくらい感動しました。
今まで見た家で味わえるソフトによる愉悦の最高値、叩いてしまいました。そんな感じです。
買った人、かたっぱしから家に呼んで、ねえどんな気持ち?いまどんな気持ち?って聞きながら一緒に見たい。

あ、そうそう、見る前にセットリストも何も見ないのがおすすめだなー。

祭典の日(奇跡のライヴ)デラックス・エディション(2CD+BD+ボーナスDVD)


Commented by トーニャハーディング at 2012-12-04 01:13 x
Commented by kala-pattar at 2012-12-04 02:04
Commented by のヴぉ at 2015-12-12 18:42 x
初めまして!
もう随分経ってしまっていますが、自分もツェッペリンが好きで最近このBlu-rayを買ったのでコメントを残していきます。

自分の場合はAppleMusicで配信されていた音源の方を先に聴いてしまっていたんですけれど、入手して数日間はまた昔のライブ盤でも出てるのかな・・・くらいにしか思ってなかったんですよね。にしては音質が良すぎるわけなんですけれども、最近のデジタルリマスタリングは凄いなーなんて思いながらリピートしてました汗
そして、数日後に「そういやこれいつのライブ音源なのかな??」なんて思って確認してみて、なんとそれが2007年再結成ライブのものだと知った時には驚愕しました( ゚д゚)
公式サイト調べてすぐにBlu-ray注文しました笑
少なくとも数日間の自分は、この音源を当時のデジタル・リマスタリングと思い込んで聴いていたわけで、それは「Zepの名曲が蘇るんじゃなくて、そこで完璧に生成されていた」って事ですよね。
Blu-rayが届いてから何回も見ましたけど、本当に感激しか無いですよね。生で体験出来なかったZEPを今の映像と音質で体験出来てる事に感激しかないですよね。
ライブ映像に関して素晴らしい作品は他にもありますけど、自分もこれ以外を全部捨ててもいいやって思うくらいに感動しました!
Commented by kala-pattar at 2015-12-13 13:57
>のヴぉさん
Zepの昔のライブのリマスター盤だと信じて聴いてたという話、最高すぎるというか
それ以上の褒め言葉は無いのでは!!
一緒に棺桶に入りたいブルーレイオブ俺の人生です。共感してくれる人がいて嬉しい!
Commented by のヴぉ at 2015-12-15 20:32 x
>kala-pattarさん
本当にそれですね!
棺桶まで持っていきたい!
先日このBlu-rayに5.1chが付いてる事に気付いて、更におーーーってなってます笑
by kala-pattar | 2012-12-04 00:46 | Music | Comments(5)
“LWGY”