【超音速漫遊記 その20】LOVE WILL GUIDE YOU

【超音速漫遊記 その20】LOVE WILL GUIDE YOU_b0029315_14183705.jpg





バラナシからデリーへと飛び、後輩と別れ、免税店でラフロイグとマークジェイコブスの香水を買って、
それから上海でトランジットして、成田にはあっけなく到着した。

新しい職場での仕事が始まって、知らない街の新しい家での生活が始まって、
そのめまぐるしさを紛らわすように写真を整理して編集して写真集を作って、写真展までやらせてもらった。
写真集を作る過程で、大量の記録を何度も何度も見返す羽目になって、体験は編集物へと変容していった。

写真と同じで、体験という名のRAWデータなど、反芻するうちに勝手に脳内で現像されて、圧縮されて、脚色されて
きらびやかでコンパクトなJPG画像みたいになって、カチッとしたフレームにはまって、定着してしまう。
それは悪いことではないし、防ぎようもないことなのかもしれない。

ただ、人間楽しく生きていくには、他人の経験(の圧縮された加工物)を見たり読んだりして経験した気になるんじゃなくて、
自分でたくさんのRAWデータをキャプチャして、自分でたくさん現像することにほかならない。
……と、思う。
いい現像にはたぶんたくさんのパラメータを適切に設定することが必要だ。
それは知識だったり感受性だったり、いいと思える結果をどう設定するか、でもある。
同じ場所、同じレンズで写真を撮ったってそれぞれ違うものになるのと同じように、
同じ経験だって、人によってすごく良い思い出にもなるし、すごく悪い思い出にもなる。

(インドなんてその好例だったと思う。)

似てる。写真をたくさんとって、写真を沢山現像して、たくさんのアルバムを作る。
そして、良いRAWデータというのは、良き相手、良き仲間がいて初めて得られる気もしている。
写真集のタイトルに『LOVE WILL GUIDE YOU』と付けたけども、これはあながち嘘でもないと思うのだ。
(おしまい)



追記/
というわけで、この旅行をまとめた写真集をオンラインで販売しています。興味のある方、是非。




by kala-pattar | 2014-08-03 22:30 | 行ってきた | Comments(0)