シタデルカラーでエヴァ初号機をめちゃくちゃ速く塗る


b0029315_17413687.jpg



年の瀬ですね。海洋堂の松村しのぶ版初号機を組んだまま放置して年越しが嫌なのでした。
ワタシには一銭も入らないのですが、せっかく実況してたのでまとめブログを書きます。

年末といえばシタデルカラー、人生はエヴァンゲリオンなので、塗っていきましょう。
全部筆塗りです。みなさんも塗りたくなったら塗れるので、真似してください。


b0029315_23382229.jpg
▲まずレジンキットをバーっと組みます。んで、シタデルの下地塗料、ケイオスブラックのスプレーをブビーっと吹きます。超臭いので頑張ろう。



b0029315_23420915.jpg
▲スプレーが入らないところが出現するので、インペリアルプライマーというのを死にかけの筆でバリバリなすりこむように塗ります。全体を黒くしろ。


b0029315_23425108.jpg
▲地球にはCITADEL PAINTアプリというのがあり、無料でカラーガイドが見られる。すごい。肉的な赤はこの4色を重ねろと書いてあるので、その通り塗ります。


b0029315_23434133.jpg
▲黒の上から筆でメフィストンレッドという赤を塗る。「ベース」という種類の塗料なので一撃で真っ赤に発色してやばい。はみ出しはシカトします。


b0029315_23441833.jpg
▲次にアグラックスアースシェイドという泥水みたいな色のシャバシャバなのを出撃させます。


b0029315_23452164.jpg
▲さっきの赤の上にドブドブ乗せていくと凹んだところに溜まってめっちゃ禍々しくなります。ありえん深みの良さ。


b0029315_23455766.jpg
▲全体が暗くなるのでアプリの言うとおりに明るめの赤を出っ張ったところに乗せます。「レイヤー」という種類で発色は控えめ。これで明暗が3段階になります。


b0029315_23464129.jpg
▲最後に一番明るいオレンジを尖った筆でちょいちょいと出っ張ったところに乗せる。ハイコントラストになってビキビキしたディテールがパリピになります。


b0029315_23471636.jpg
▲アプリの「オレンジ」という項目を開き、言われたとおりにオレンジを塗る。


b0029315_23475374.jpg
▲うおー


b0029315_23480230.jpg
▲言われたとおりの人生。何も自分で考えない人生。


b0029315_23481918.jpg
▲しかし途中でひらめく。エバンゲリヨンの緑色のところが光ってるとカッコいい。まず白で塗ります。


b0029315_23484715.jpg
▲「グレイズ」という半透明の色から黄色を選択し、白く塗った上から染めるように乗せていきます。


b0029315_23491943.jpg
▲さらに緑を乗せると不思議な事に蛍光グリーンに見える。人間の目は適当です。


b0029315_23494410.jpg
▲紫が沈み過ぎなので、アプリの言うとおりに上に明るい紫を何層か乗せて、凹凸を強調していきます。


b0029315_23501181.jpg
▲真面目に塗っているとゆく年がくる年になってしまうので、目を白く塗ってからグレイズで2段階に染め、真ん中にマッキーで瞳孔を描いた。


b0029315_23510297.jpg
▲体力の限界が千代の富士になり、2日間でだいたいこんな感じになりました。


ツノがついてないとか(塗装中に接着してると絶対折れるので最後に「完成〜」っていいながら付けるまで放置です)
左腕に握りしめたサキエルの腕塗ってないとかそもそもはみ出してたり塗ってないところあったりしてアレですが
シタデルカラーは匂いがしないし水道水があれば筆洗えるし気が向いたときに塗り、気が向いたときにやめ、
そしていつかかっこいいエバンゲリヨンが完成するのでしょう。頑張れ未来のオレ。

ということで、なんというかシタデルカラーで軽率にガレージキットを塗ると楽しい。
プラモも塗ると楽しいですが、こういう有機的でバイオな物体のほうがおもろいので、みんなもバイオな物体を塗ろう。
年末年始、ヨドバシカメラなどでもシタデルカラーは買えます。よしなに。

追記/できた。かっこいいね。


b0029315_17255773.jpg
b0029315_17255651.jpg
b0029315_17255698.jpg

b0029315_17255650.jpg




by kala-pattar | 2018-12-30 23:55 | プラモデル | Comments(0)
“LWGY”