プラモ業界の売上高を読み解いて気づいた「ガンプラブーム」「ミニ四駆ブーム」という幻想。

b0029315_21222443.jpg

■2/2追記
結論がありながら、これをしっかりと書かないことは自分の悪い癖だと思う。
初稿に対してさまざまなツッコミをいただき、それをいろいろ読んだ上で「たしかにそうだ」と思ったこと、
それをもとに「このエントリで何がいいたかったのか」を整理して、何点かを修正した。
また、※印の部分で論点をクリアにするための追記を行った。

今日、人と話していてたまたま「プラモを買ってる人たちと本当に塗って作っている人たちの数ってどれくらいなんだろう」という話題になった。
プラモの販売個数というのはなかなか開示されないもんで、自分が仕事として携わっているのは分かるけど、総数となると全然わからん。
まして、それがユーザーの手に渡ったあと「本当に塗って作ってますか?」みたいなのはアンケートでも取らないとわからない。

なにより、ガンプラを買う人というのは広範囲に渡りすぎていて、ガンダムグッズとして年に1〜2個買う人もいるだろうし、
毎日ガンガン組み立ててて塗らずに飾っている人もたくさんいるだろう(新製品の発売ペースがすごいので、組むのでも精一杯のはずだ)。
で、実際にスプレーやエアブラシで塗装して、自分だけの作品に仕立てている人というのは絶対数こそわからないものの、割合としてそう多くはないだろう。

飛行機や戦車は製品状態で色が付いていないものがほとんどだが、色を塗って組むとなれば最低でも数日はかかる。
ツイッターやブログで完成品を見せている人もいるし、ひっそりと誰にも見せずに楽しんでいる人もいるだろうが、
少なくとも日々のニュースやTwitterでのバズり方を見ていると、何万人、何十万人がワッと盛り上がるような趣味でもないように見える。

結論として、よくわからない。なんだかしらんが、「プラモはいま、全然売れない」と愚痴っている人もちらほら見かける。
本当だろうか。データとして何が使えるか気になったので、ググった。



b0029315_21293664.jpg
▲2010年から2015年上半期までの、プラモの出荷指数である。(出典/経済産業省ウェブサイト


出荷指数というのは出荷数や売上額そのものを示すのではなく、どれくらい景気がいいかを示す指標を計算したもの。
計算式はそんなに難しくないのでググってほしい。

これだけ見ると「2010年代はプラモが右肩上がりで売れているんだなぁ」という感覚になる。
ここ数年のプラモ売上の拡大にはガルパンも寄与しただろう。艦これも寄与しただろう。そういうふうに考えるのも自然なことだ。
経済産業省のコラムによれば、この好調ぶりの理由を「ミニ四駆ブームを背景にして」とあるが、果たして本当だろうか。
もっと長いスパンのグラフを見てみよう。


b0029315_21381855.jpg
▲1975年から2013年までのプラモデルの出荷額(卸値に個数をかけたもの)。(出典/経済産業省ウェブサイト


画像がやや小さいが、ガンプラブームがあって、ミニ四駆ブームが3回あって、現在はじわじわ上げているという説明が付いている。
それぞれの出来事は実際にあったこととしていろいろな書物で読むことが出来るが、本当だろうか。

ガンプラの発売は1980年。1981年にその人気に火が付き、1980年代なかばにはブームが沈静化したとするのが定説である。
月産数百万個、4年で累計1億個売り上げたガンプラだが、
上のグラフを見るとガンプラの出荷数がピークアウトしたとされる1980年代後半に業界全体の出荷額が大きく躍進していることがわかる。


b0029315_21463813.jpg
▲ガンプラの出荷数のグラフ。(出典/『ガンダム神話』ダイヤモンド社刊


グラフを見比べれば分かる通り、ガンプラが死ぬほど売れた80年代前半に、プラモ業界全体は40%程度しか成長しなかったのである。
このことについて少し調べると、非常に興味深い考察が見つかった。

こちらはブシロードインターナショナル社長の中山淳雄氏によるコラムである。重要な部分だけ引用しよう。

「81〜83年が初代のガンプラブームですが、模型業界全体でみれば90億程度から100〜140億と1.5倍程度に売上がのびたにすぎません。」
「1986年から突然300億、そしてうなぎ上りにあがる市場は1989年で450億超えを迎えます。
たった5年で市場を4倍程度まで押し上げた立役者、それこそミニ四駆なのです。」
「コロコロ全盛期の80年代というのは特別な時期です。
14歳以下の子供人口は戦後を除くと団塊世代の子供たち、つまり1980〜85年は3000万人弱と日本で最も子供の多い時代でした。」

ここだけ読むと「ガンダムはたいしたことないが、ミニ四駆がすごかった」と読めてしまうかもしれない。
しかし、昨年4月1日時点での14歳以下人口は1553万人と推計されており、いまから35年前というのは"子供"がいまの倍ほどいたのである。
モデラーが多かったのではなく、絶対的に「モデラーになりうる人間の数」が多かったのだ。
もちろん、「もっとゴージャスなものを!」というニーズに合わせてプラモの単価が上昇したことも、全体の売上高を押し上げるのに寄与したはずだ。

※ここまでで本来なら結論を言うべきだった。
「案外、感覚で語られている"◯◯ブーム"と売上高のグラフは連動していない。グラフに付けられたコメントも時間軸を勘違いしている。」
「だからこそ、僕らも、業界全体の好調不調や、"◯◯の流行り廃り"というときには気をつけるべきだ。」
「そして、上記の勘違いをベースに机上の空論で改善案を考えてもトンチンカンなことを言うことに繋がるだけだ。」

さらに忘れてはならないのが、日本全体の景気の動向だ。
話を簡単にするため、日経平均株価を見てみることにしよう。


b0029315_21542499.jpg
▲1970年から2018年までの日経平均株価。出典/Wikipedia


1975年から上昇に転じた株価が90年に鋭いスパイクを形成し、一気に下降に転じている。いわゆるバブル景気とその崩壊だ。
子供がいまの倍の数ほど存在して、さらに世の中全体は好景気であった80年代。そりゃホビー業界はウハウハだろう。
ミニ四駆も確かに売れたかもしれないが、自分が子供の頃を振り返ってみれば、プラモ状の玩具のバリエーションたるや、とんでもないものがあった。

ふと思い立って、株価とプラモの出荷額のグラフを重ね合わせてみる。
するとこうだ。


b0029315_21584254.jpg
▲横軸のスケールを合わせた。赤がプラモの出荷額、青が日経平均株価である。2013年以降の出荷指数を加味しても、強い相関が見える。


身も蓋もないことに、プラモの出荷額と日経平均株価(=景気の良さ)は悲しいほど連動している。極めて似た動きを見せている。
ガンプラはブームになったかもしれない。ミニ四駆は売れたかもしれない。だから日本の景気が良くなったのではない。
景気が良くなったときと、ガンプラやミニ四駆が売れたときが重なっていたことは大きな意味を持っているはずだ。
これは単に「好景気によって趣味に出すことのできる可処分所得が増えたから」と置き換えても、何ら問題ないのではないだろうか。

※初稿では言いたいことが明確にあったにもかかわらず、蛇足が過ぎた。
日経平均株価のピークと日本人の可処分所得のピークは大きくずれていて(後者は1997年前後と見られている)、
それがそのままプラモの消費量と直結するわけではないことが明白だという指摘をいただいた。これはそのとおりだと思うので、訂正する。
もちろん新しいプラモの企画(や、そのもとになるコンテンツ)のタイミングは当然ながら株価や可処分所得と直接連動するわけではないが
「景気のおおきなうねりと生活必需品ではない趣味の商品の売上高に相関がまったくない」と断定するのはナンセンスだと思う。

もっと言ってしまえば、ガンプラに端を発するリアルロボットプラモ全盛期と比べても、今のプラモの出荷額というのはそこまで悪くないように見える。
少なくとも、「ガンプラブーム最盛期」より、いまのほうがプラモ全体の出荷額は上回っているとグラフが示している。

※もちろん、多くの人から指摘があったとおり、物価や人件費の推移、プラモに求められるクオリティの変化よって単価は上昇し続けているし
キャラクターモデルに飛びついた子供の人口は大きく減ったたため、ユーザーの年齢層は上がっている。
個人経営の専門店の数などは減少しているので「空気感として衰退している感じがする」という印象を多くの人が持っているのだろう。
しかし、これはシーンの「悪化」ではなく、あらゆる趣味/余暇のビジネスにおいて共通する「変化」であると考える。

理由はいろいろあるだろう。プラモの単価は80年代よりも高くなっている(そのぶん皆の給料も、その他の物価も上がっている)。
皆がこぞってスーパーに買いに出かけるようなプラモはそうそう見なくなってしまったが、しかし家電量販店にはプラモの箱が溢れかえっている。
毎日毎日多くのプラモの予約開始告知がSNSを流れていき、毎日毎日いろんなプラモの購入報告が目に飛び込んでくる。

プラモは死んでいない。立派に売れていると思う。
「プラモが売れていない」というのは嘘である。正しくは、「一つのプラモが狂ったように売れる時代ではない」ということだ。
どこのメーカーも大変だと思う。金型を作っても、昔のように一発で儲けられる商売ではなくなったのかもしれない。
さらに、子供が爆発的に増えたり景気が突然絶好調になることはないというのを皆が嗅ぎ取っているから、みんながどこかに閉塞感を感じている。
初心者を誘引しよう、安価で簡単なものを作れば何かが変わるのではないか。そういう意見を言いたくなる気持ちもわかる。

だけど、景気の善し悪しとの相関がぶっ壊れるほどの「ブーム(熱狂的な流行)」というのはなかったのだ、というグラフを見て、オレは少し安心した。
大事なのは、いまあるプラモを楽しんで、新たなるチャレンジに期待して、子供を生んで選挙に行ってガシガシ働くことなのだろう(身も蓋もない!)。
幸い、プラモ屋さんにはプラモがいっぱいある。いまあるプラモの悪口を言っていても、景気が良くなることはないのだ。

……結局、プラモユーザーの総数も、本当に塗って完成させている人の数もわからなかった。
けれど、こうした思索を通した結果、これだけは言える。
80年代後半、プラモは売れていたが、景気も良かったのだ。懐かしプラモの纏うオーラは、日経平均株価の纏うオーラでもある。
当時が黄金期に思えるかもしれない。しかし、現在のプラモやそれをとりまく環境をないがしろにしていい理由にはならないと思う。
メーカーが変化しないで、狂乱の時代と同じ売上がキープできると思っているとしたら、それもおかしいと思う。

プラモは楽しい。
「お金を払って遊ぶのだ!」という熱の総量はいつの時代も変わっていない。
ひとりひとりが「プラモは楽しい!」ということを伝えること。そして、メーカーは次の時代に向かって面白いことを考えること。
怪物のようなコンテンツは、いつか自ずと現れる。いまは「おもしろいじゃん!」と思う人を巻き込む以外、すべて無意味だ。

※感情的な「いまはもうだめだ、昔はよかった」「昔に回帰すれば、もっとよくなるはずだ」という嘆きを読むのは楽しくない。
だからこそ、あなたのいまブームを、教えてほしい。何が楽しいのかを、僕も書き続けたいし、あなたが楽しいと思ったことも、読みたい。
それをきっかけに新しいプラモに触れてみたい。

他力本願では、なにも変わらない。自戒を込めて、こう結んでおくことにしよう。




Commented by 永遠の中二モデラー at 2019-01-31 02:55 x
こうやってデータにしていただけると、大変良く解りました。
物が売れる・売れないという事は当然、景気によるところが大きいですが、その他に「昔は良かった~」というノスタルジーが加味されているのではないでしょうか?

ただ、残念な事に街の模型屋さんの数だけは、純粋に少なくなってますよね。
通販などプラモデルを購入する機会は多くなっておりますが、店頭でプラモデルの箱を開けて「購うた。やめた。」踊りをすることがあまり無くなってきた様な気がします。

また、プラモデルが高くなり小さな子供がなかなか購入できないというのも問題なのでは?
このままだと、本当にプラモデルは「大人のホビー」になってしまうのでは無いでしょうか?

と言いつつ、もう十分に大人で、脳内だけが「中学二年生」の私は、これから100年かかっても作りきれないプラモデルの在庫を抱えながら、また新しいプラモデルを買ってしますのですが!
Commented by SDガンダム世代 at 2019-01-31 06:25 x
80年代後半から90年代初頭までのSDガンダムブームが完全に無視されているw

同時期のミニ四駆ブームの影に隠れてしまっている(´;ω;`)
Commented by しn at 2019-01-31 13:54 x
面白い記事ありがとうございます。
景気との連動は分かりやすかったです。自分でも無料で読める範囲で調べてみました。
山本 健太, 静岡におけるプラモデル産業の分業構造と集積メカニズム, 経済地理学年報, 2011, 57 巻, 3 号, p. 203-220 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jaeg/57/3/57_KJ00007562829/_pdf/-char/ja
こちらでもミニ四駆ブームによるものとされてますね。(静岡がすごいって書いてましたw)
本当はレジャー白書やホビー白書をみたかったのですが、あいにくネットには公開されてません。
項目のなかに模型作りがあるので、追いかけてみても面白いかもしれません。(図書館に行けばあるのかな)
余暇の過ごし方が多様化している中で、プラモデルが、30年前と同じように売り上げてるのはスゴいと思いますけどね
Commented by 名無し at 2019-02-01 11:11 x
私の個人的な意見として業界は自滅してようにも思える。
総じて高すぎる。
たまに子供ガンプラでもってって思ったり、ミニ四駆で遊ぼうかなと思う時があるけど、高すぎて見送るよね。

高いから売れない→数できないから単価上げて売上確保→もっと高くてもっと売れない
の負のスパイラルにハマってと思う。

ミニ四駆なんて昔500-700円だったのに今1000円でしょ
ガンプラなんて倍だもんね。
ちょっと作りたいなと思ってMGは高いからお手頃のHGって800円くらいかなーとおもったら1500円とかね。
当のMGなんて1万とかだからねwww
セメダインタイプ300円感覚からしたらいらねーわってなるよw
Commented by まゅき at 2019-02-01 20:59 x
売れないは『場末の個人商店でも売りき切れてこそ。』と言う話から出てると思います。街の個人商店の模型専門店は潰れ続けて、今や壊滅的ですから。その中で残ってる個人商店の模型店でも売れてない事実が有りますし。
Commented by CaffeR at 2019-02-02 00:06 x
単に客単価上がっただけでしょう。私も模型業界が終わるとは思わないが鉄道模型化するのも時間の問題だと思います。子供の趣味ではなくなりつつある。
Commented by せそ at 2019-02-02 03:47 x
最近では艦これ(2013~)で艦船モデルが、ガルパン(2012~)で戦車モデルが売り上げ伸びたって話。
ガンプラやミニ四駆ほどのメジャーではないけども、死なずにすんだというセクションではあります。このあたりはコドモ向けとはならず、オトナの趣味向けへの移行は完了しているようですね。ある意味、完成品フィギュアとかと同じカテゴリーなのかもしれない
製品カテゴリー別売り上げ推移もみてみたいですねぇ
まー、TAMIYAとBANDAIが強すぎるわけですが
Commented by 影狐 at 2019-02-04 03:58 x
プラモも包括してるかもしれないけど、オタ文化が景気を支えてるというのは幻想だと思う。
退いてみればこの国の景気の目安はト○タのクルマが売れてるかどうかw

自分が好きだからやるで良いと思います。
それを伝道するのはまあ好き好きだけど、無理にやらなくても。

手前味噌で申し訳ないですが、息子は自分を遥かに超越したガノタです。
勿論、私が勧めた訳でありません。
幼い頃家にあったガンダムの「積みプラ」を見て、
(これは一体…何なんだ?)と思った事がきっかけだったそうな。
そんなもんです。

しかし件のガンプラも8割方は自分ばかり作っていますが;

で。好きな事、楽しい事見つけて、(道連れ見つけて)子供作って、選挙に行こう!は禿同。
私たちの為すべき事は先ずはそれから。
Commented by プラモ雑食者 at 2019-02-04 05:41 x
正直売り上げがどうの業界がどうの流行廃りは一介の消費者な俺には分かりません…。
でも何となく、自分もその中での一消費者なんだなと思うと面白く読めて良かったです。
コメントしたくなったのは、そう云う気持ちと同時に「買って。作って(素組み?)。色塗って。がどれだけ居るであろう…」に対して、
自分の場合はこうですよ、とあくまで一例として書いてみたくなっただけだったりします…。ご容赦の程を…。

自分の場合。基本欲しいプラモは近所の馴染みの模型屋で全て買っています。基本予約と店を覗いたときに気に入ったのを摘まむ感じで。
予約するモノは大抵ガンプラが多いです。
あとはアニメ見て戦車や戦闘機欲しくなって作ったり、きっかけがあればなんでも買ってます。
最近はバンダイの宇宙戦艦ヤマトの1/1000シリーズが良いですね。光って音が出るんですよ!(笑)
そして最近流行の(?)美少女プラモ、元はコトブキヤのホイホイさんからFA:Gやそれに関連するロボットなど。
後追いのように他社からも今結構出てきて作りきれないくらいで…。
バンダイのフミナは肌の赤味の再現が技術がすごかった。

とにかくなんでも買いますし作りますが、やはり時間が足りない…。なので大抵ガッツリ色塗るのはスケモくらいで、
基本色分けされてるプラモの場合は最初に積みの山を崩す目的でサクッと組んでしまいます。(ハセガワの艦NEXTが最近お気に入り)
とはいえ、スミ入れやスジボリ、つや消し吹いたりウォッシングしたりチッピングしたりと簡単な部分塗装まではします。
やっぱりガッツリ塗装してしまいたいスケモは後回しになってしまいますね…。

長々と書いてしまいましたが、結局全体の"全部"の色塗るのは一部だけで、
基本プラの色を活かしてお手軽に部分塗装ですまして組む…が自分の中では主流になってる気がします。
余談ですが、よく煽り言葉で「ガンプラはただのパズル」等言われますが、企業努力での色分けはやはり尊敬出来ますし、十二分に購買意欲を刺激してくれて、
「気軽に組める」と思うと、つい手に取ってレジへ運ぶ手を加速させるに十分な理由になると思うのです。
by kala-pattar | 2019-01-30 22:37 | プラモデル | Comments(9)
“LWGY”