麺珍亭の油そばを取り寄せて喰らう

麺珍亭の油そばを取り寄せて喰らう_b0029315_23143750.jpg


麺珍亭という油そば屋さんがあり、これは学生の頃からお世話になっているのですが
ご多分に漏れず昨今の情勢で苦しくなっており、万が一お店をたたむなどすると我が国のGDPの6割が失われると試算されています。
それは油そば的にも国家的にも困りますので、家で食いましょう。Stay home, eat noodle.

で、通販ページを覗くとオレのおすすめする"寿セット"を見て「うっ、高い」とみなさんおっしゃる。
気持ちは分かります。油そば3食でなぜ6000円以上払わなければいけないのだ、と。



麺珍亭の油そばを取り寄せて喰らう_b0029315_23203411.jpg
▲三食で6000円ですが、怯んではいけません。


麺珍亭の油そばの本体は白酢とラー油であることが研究の結果明らかになっており、これを入手しなければ始まらない。
これが入っているセットがこの「寿」しかないので、まずノータイムでこれを買うのが吉です。(いま品切れ中ですが、在庫が復活したら応援しましょう。)

送料無料、10%のポイントバックもあるというすごいサービスによって我が家に届いた内容物は
麺140g・タレ54g・メンマ30g・刻み海苔0.5g(各3食入り)
半熟玉子3玉+予備1玉・チャーシュー340g
オリジナル白酢 500ml入り1本・オリジナルラー油 450g入り1本・花椒どろ唐辛子 250g入り1本。
チャーシューはけっこうありえないボリュームでビビります。


麺珍亭の油そばを取り寄せて喰らう_b0029315_23143640.jpg
▲油そばを真面目に撮影するくらいしかカメラの使いみちがない。


で、家でちゃちゃっと調理して食べるとこれが激烈にウマい。店の味だ〜となるわけです。
半熟卵はコンビニでも売ってるし、スーパーにいけばいろんなチャーシュー売ってますので食べ比べしてみるのもいいかもしれない。
(チャーシューは時間があるときに自作するのもおもろいでしょう)

つまり、一回目は寿、二度目からは麺とタレとメンマだけが入ったいちばん安いセットを買う。
こうして酢とラー油への初期投資を喫食回数で割り、ユニットの原価率を下げていくことができるのです(ホントか!?)。

いろいろ書きましたが、麺珍亭はウマいし最近は本当にテイクアウトやお取り寄せによって
これまで家で食うことなんて考えてもみなかったようなお店のものが楽しめる状況になってますので、
逆に楽しんで参りましょう〜という気持ちです。みなさんも、ぜひ。

注文はこちらからどんぞ




by kala-pattar | 2020-04-19 23:38 | すごくどうでもよいこと | Comments(0)