南アルプス北岳山行記〜その4

山頂にいる間にガスに巻かれる。
視程がみるみる減っていく。
暖かいお茶を飲んだら北岳山荘を目指す。

南アルプス北岳山行記〜その4_b0029315_212537100.jpgしかし稜線を歩き出すとすぐに晴れ渡る。間ノ岳は見えたり見えなかったり。とりあえず期待はできないなと思いながら小屋目指して下って行く。視界が広くて楽しい事この上ない。意味も無く大声を出し、意味も無く笑う。高度を下げるにつれ雲は濃くなるばかり。八本歯への分岐で「もう降りて遊んでもよくね?」と下山を検討するがまあここまできたので北岳山荘へ。

しかしそこへ見計らったかのように降り注ぐ雨。黙々とカッパを着る。
「こんだけ充実してたんだ、間ノ岳には今度登る口実ができたと思って降りよー」というきっつ隊長。てな訳で八本歯へのトラバースルートを通って下山開始。

南アルプス北岳山行記〜その4_b0029315_2130144.jpgトラバースルートは思いのほかアップダウンが多い。八本歯コルへの下りはスリリング。登ってくる人たちとすれ違いながらよく作ったもんだと感心するくらいがっしりした木のハシゴをいくつとなく超える。下りが大の苦手な俺としてはコルからの下りが地獄。ぎゃーぎゃーいいながら皆さんの足を引っ張りつつちんたらちんたら降りました。

南アルプス北岳山行記〜その4_b0029315_22452568.jpgバットレスは挑発的に見えたり見えなくなったり。二股まで降りてきて振り向いても、北岳は「また来いよー」の一言も無く霧の中素知らぬ顔。ちくしょう、もう一回来てやるからな。なんとか広河原まで降りてきて乗り合いタクシーを待ちます。車座で山の話とかコーヒーの話とかチェーンソーの話とか。いい疲労感。山の定番、恐い話をしながら雨の降りしきる奈良田までの道のりを過ごします。

つづく
by kala-pattar | 2005-09-28 22:49 | Mountain | Comments(0)