太陽と鎖の穂高連峰〜その4

北穂から涸沢岳への道のりはもう記憶喪失状態。
なぜあそこが普通に登山道として認められているのか意味不明。
いや、決して死にはしないんだが
足を一歩でも踏み外そうもんなら間違いなく死ぬ。
いやでも踏み外さないから死なないんだろうけど。
でも死にそうなんだよなぁ。
なんというかもう写真でも言葉でも説明できない恐怖感で
でも楽しくて楽しくて
脳内麻薬がジャージャー音を立てて出っぱなしなんですよ。
もし間違えて飛騨側に落ちようものなら
さっき落とした水筒のごとく……。
うへー。
アドレナリンだかベータエンドルフィンだかドーパミンだか
とにかくもう恐怖と疲労を和らげようと脳が必死に動く動く。
なんだか知りませんが歩いてる人は全員へらへらしてるし。
とりあえずカメラを構えられたのは2カ所か3カ所くらい。
集中が切れると膝が笑って笑って
鎖にぶら下がったままボケーッとしてしまうので…。
最低コル、D沢のコル、涸沢槍……
どのポイントも記憶が曖昧だ〜。

Knife ridge


Crimbing

R0011008


途中で動くのをやめたくなるほどの恐怖感に苛まれても
行くのも戻るのも嫌な感じ。
ならばもう行くしかないのね、
とひとり納得しながら進むこと2時間あまり……。

這々の体で涸沢岳に到着。
余りの安堵感にどっかりと腰を落ち着けて大休止。

R0011013

一番右に見えている二つの山頂が北穂ですね。
そこからこちらに伸びる道(っつうか岩の色が違ってるだけのところ)が
見えるかしら……。

写真じゃ伝わらんこの高度感
R0011023


聞けば来た人来た人みんな「怖えええ」と言っているので
まあいいか。(何が???)

とにかくまあ恐ろしかったのよ。
どうも人によっては「一般ルート日本最恐」らしいね。

で、ひと下りすれば今日の宿、穂高岳山荘。
チェックインを済ませてテラスに腰掛け缶ビールを喰らう。
幸せ全開であります。

R0011032

by kala-pattar | 2006-09-17 16:21 | Mountain | Comments(0)