【京都】ようこそ最強の自転車リゾートへ【その4】

東寺といえば大学3年生の6月を思い出す。
友達いないオーラを放ちながらひとり新幹線に乗って学科の研修旅行へ。
京都駅で近鉄に乗り換えて奈良へ。
五重塔が見える。
奈良で夢のような、まさに夢のような日々を過ごして
また京都へ戻ってきて
五重塔が見える。
帰るのが惜しくて惜しくて、
またひとりふと思いついたような顔でレンタカーを借りて
京都の街をぷらぷらと流して
次の日は宇治へ行ったんだった。
行きも帰りもやっぱり
五重塔が見える。
いまだトラウマなあの旅行でやり残したことと言えば
東寺に行かなかったことだ。

4年経ってやっと五重塔のふもとに立てる。

_IGP7456.JPG


南大門には仁王像がないのね
なんて思ったら夜叉神が二体安置されていたそうで
今はチケット売り場の前にいらっしゃいますが
身の毛もよだつものすごい彫像でした。
空海、あんたすげーよ。

金堂と講堂と食堂は
それはそれはスゴいですよ。
信じられないほどスゴい。
一体一体の迫力とか精緻さ、放っているオーラは
そりゃあ奈良の方がスゴいものが揃っていますが
あれだけ数があれば気圧されます。
いくらでも見ていられる。

あとは五重塔だな。
バシャバシャ撮りました。


_IGP7497.JPG


_IGP7472.JPG


PAGODA_MOON


JR_TOUKAI


PAGODA_ADOGAP



まあこんな感じだな。
by kala-pattar | 2007-06-02 19:28 | 行ってきた | Comments(0)