やっぱりまだまだ

遠い話なんでしょうか
そうは思いたくないんだけどなぁ。

宇宙旅行になんか金払えねーーーよ!!

スペースシップワンの成功といってもまだ3分の3。
事業として成り立つか成り立たないかといえば
実はその会社の「資力」とか「社長の勢い」よりも
保険が問題になってくるのではないか。という俺推測。
金を払う物好きはいくらでもいると考えた上で、
ビジネスモデルたりうるかどうかはもっと違う所にある。

旅客機が巨大になってもなかなか「一気に2000人運んじゃいます!!」
とか言わないのは「旅客機は10万フライトに1回墜落する」という
厳然たる事実があるからであって、
そうすると2000人乗りの飛行機をばんばか飛ばしたときに
「平均すれば」50フライトに1人死亡することになる。
これでは航空会社はいくらお金があっても足りない。
技術や情熱ではどうしようもないエコノミック且つシビアな問題が。

あの国家の威信スペースシャトルも2回「も」墜ちている。
たかだか100フライト強で。


しかしヴァージンギャラクティックなんかを見ると興奮しませんか?
↑これは普通に凄いと思うんだけど。ものすごく21世紀って感じがする。
俺は今生きている!!子供の時の未来を!!って感じが凄くする。

ああ2000万欲しい。絶対に稼いでやる。
30までに大気圏脱出は大マジの目標です。
Commented by lisalisa9 at 2004-11-03 20:39
TBありがとうございます。
ヴァージンのボスのように自ら冒険家でなければ夢には投資しない時代なのかもしれませんね。
Commented by kala-pattar at 2004-11-03 20:40
はじめまして。
どうにかして商業化してほしい!!
気球とか最高でしたね>ボス
Commented by tonbori-dr at 2004-11-03 23:37
TBありがとうございます。
ヴァージンのサイト。いやマジに凄いですよね(^^)なんか最近オイオイってニュース多いけどこういうの見ていると嬉しくなります
Commented by petercats at 2004-11-03 23:58
初めまして、トラックバックありがとうございました。
リチャード・ブランソン氏だからか、とても現実味を帯びて聞こえました。
そんなニュースが流れる時代なんですね。
Commented by kala-pattar at 2004-11-04 01:59
SFじゃねーか!!って思いますけど
フィクションでもなんでもないんですよね!
凄い時代を生きてるなぁと思うんですが。
現実はチト厳しいでしょうか?
by kala-pattar | 2004-11-02 01:38 | 宇宙航空天文 | Comments(5)