【九州】鉄分だいたい3000キロ【その5】

山川の海岸までかっ飛ばすタクシー。
気のいい運転手は道ばたに生えている植物と
遠くに見える奇岩と、焼酎と、お墓と、
とにかくありとあらゆることを説明し続ける。
しかし説明が異様にうまいので不思議と嫌みさはない。

IMGP3955


運転手に勧められるがままに入った砂蒸し風呂は
時間の経過が止まりかけて危険だった。
砂の重み、波の音、琉球方面へ飛びすさるターボプロップ機……
従業員もどっかに消えて、
一人で砂に埋もれながら頭の中が完全にカラになるのを感じる。

そして、夢にまで見た開聞岳をこの目で見た。
本当に美しく、端正な山だ。
かつて戦地へと向かうパイロットたちは
この山へ向かって日本とさよならした、とか
引き上げてきた兵士たちが船上からこの山を見て
日本にただいまを言った、とか
まあそんな山。

IMGP3964


指宿の港へと向かい、鹿児島行きのジェットフォイルを待つ。

IMGP3972


IMGP3973


IMGP3992


B747-400



なんすかね、このピースフルな感じは。

……あ、ジェットフォイルが来た。

IMGP4017

Commented by 突然すいませぇーん at 2008-06-07 22:33 x
この写真ってK10D っすか?
Commented by kala-pattar at 2008-06-08 05:25
そうですよ!
全部K10Dです。
Commented by 突然すいませぇーん at 2008-06-15 14:40 x
なかなかええ旅や。。。

Commented by さわこ at 2008-06-21 02:46 x
鳥とひこーきGJすぐる
Commented by kala-pattar at 2008-08-20 02:44
>さわこ
でしょ?
by kala-pattar | 2008-06-07 21:31 | 鉄分 | Comments(5)