これほちい

WAVEのケイちゃんが良さみなので分かる人とだけ酒を飲みたい

冒頭の1枚で何もかもが語られ尽くしてしまっており、もはやこのブログで美少女フィギュアの写真を見せる意味とかについて考え込んでしまいますが、とりあえず「このフィギュアはどうしてもほしい」と思ってゲ...

2019年 04月 02日

Movie&Books

『2001年宇宙の旅』はいかにして撮影されたのか。

いやはや、とんでもない本でした。ようやく読了。>『2001:キューブリック、クラーク』(マイケル・ベンソン著)平たく言ってしまえば、「すごい映画を撮るにはすごい根性が必要である」ということであり...

2019年 03月 24日

美術館・博物館

DISTANCE, SPEED, TIME, FORMULA.

いま一番好きなアーティストの個展、最高でした。Felipe Pantone is an Argentinian-Spanish artist.He started doing graffiti ...

2019年 03月 12日

 →SPRUE CRAZY

新幹線変形ロボのプラモで味わう「変形しない勇気」の話

ロボットが変形するシーンだけでドバドバ泣いてしまうアラフォーになるとか、自分でも信じられないんですけども『新幹線変形ロボ シンカリオン』の前ではそういった現象が起きるので、困ったもんです。鉄道が...

2019年 03月 03日

 →SPRUE CRAZY

「色分け済み、接着剤不要」って、幸せなプラモの絶対条件なんですかね。

「ちょうどいいプラモ」ってなんでしょうね。オレの場合は「パーツ数がちょっと多くても、サクッと組めるし塗装もしやすい」がうれしい。少なくとも「完成するだろうな」という感じはほしいし、実際組んだら「...

2019年 02月 25日

 →SPRUE CRAZY

「女の子を組み立てる」という遊びの最新スタイル、"チトセリウム"にプラモの未来を見る。

「普通の人にとってプラモの代表格はガンプラ、ミニ四駆。ちょっとマニアックな人はスケールモデル(戦車とか戦闘機とかフネとか)を作るらしい。」こういう認識でプラモのジャンル分けってだいたい合ってると...

2019年 02月 24日

町中での出来事

鉄道博物館、一日で見切れない問題。

大宮でしょ?都内在住なら行こうと思えばいつでも行けるし余裕でしょ!って思ってたらですね、開館からあっという間に11年あまりが経過してしまい、このままでは人生が終わってしまうので一念発起して行って...

2019年 02月 23日

プラモデル

プラモ業界の売上高を読み解いて気づいた「ガンプラブーム」「ミニ四駆ブーム」という幻想。

■2/2追記結論がありながら、これをしっかりと書かないことは自分の悪い癖だと思う。初稿に対してさまざまなツッコミをいただき、それをいろいろ読んだ上で「たしかにそうだ」と思ったこと、それをもとに「...

2019年 01月 30日

 →SPRUE CRAZY

「2個入りプラモ」の愉悦

フジミの87式自走高射機関砲がすごいという話をネットで読みかじったので買った。1/72という手のひらサイズの戦車模型(87式自走高射機関砲はその名の通り戦車ではないが、そういうことはオタクに言わ...

2019年 01月 30日

町中での出来事

満月と飛行機

北風、快晴、月齢15。年に何度もないチャンスを去年は逃した。自分が使っている立体駐車場がぶっ壊れていて、クルマが出せなかったのだ。D500に200-500mmをねじ込んで、今年は逃すまいと首都高...

2019年 01月 21日

町中での出来事

天皇と神事

平成最後の初場所、中日。稀勢の里がいなくなったけど、白鵬は相変わらず白い注連縄を装備して土俵に上がる。ハリもツヤも、りゅうとした筋肉も神々しい。天皇皇后両陛下が国技館を訪れるあの空気は一種独特で...

2019年 01月 21日

すごくどうでもよいこと

味付きジンギスカンのススメ

"臭みの少ない極上生ラム"なんてクソ食らえ!ということで、北海道のモデラー POOH熊谷氏からカネヒロの味付きジンギスカンが届いたので喰らう。松尾はヌルい。カネヒロは最高。漬けダレどっぷりのマト...

2019年 01月 16日

 →SPRUE CRAZY

架空の人型陸戦兵器を組んでみた。

世の中には「企業がプラモにしないものを自力でキットにしてしまう」というとんでもない人種がいます。テレビアニメや映画に登場するもののなかでも企業が莫大な初期投資をしても回収が見込めないマイナーメカ...

2019年 01月 14日

プラモデル

噂のコードレス式エアブラシを使ってみたのでレビューするよ

はい、ホースもなければ電源コードもない、ハンディタイプのエアブラシが大陸からやってきたのでレビューします。なぜかというと、風呂場で全裸でクルマのボディを塗装しないとホコリが噛み込んで悲しい思いを...

2019年 01月 11日

 →SPRUE CRAZY

新しきキットの報せは、古き良きキットへの鎮魂歌。

おめでとう。ありがとう。英国の、世界に冠たるプラスチックモデルメーカー、エアフィックスが2019年の新製品を一気に発表してくれました。そのなかに燦然と輝くは、1/72 ブラックバーン・バッカニア...

2019年 01月 09日